トニー・クレモンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トニー・クレモンズ

Toney Clemons

ワイドレシーバー
生年月日:1988年10月11日(25歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ
身長:6' 2" =約188cm 体重:210 lb =約95.3kg
NFLデビュー
2012年ジャクソンビル・ジャガーズ
経歴
大学コロラド大学
NFLドラフト2012年 / 7巡目(全体の231番目)
 所属チーム:
通算成績
(2012年までの成績)
レシーブ回数     3回
レシーブ獲得ヤード     41ヤード
TDレシーブ     0回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

トニー・クレモンズ(Toney Clemons 1988年10月11日- )はペンシルベニア州ピッツバーグ出身のアメリカンフットボール選手。現在フリーエージェント。ポジションはワイドレシーバー

経歴[編集]

ミシガン大学で、2007年、2008年の2シーズンで先発3試合を含む19試合に出場した。1シーズンだけチャド・ヘニーとプレーし、1回だけパスをキャッチしている[1]。2009年にコロラド大学へ転校した。その年はNCAAのルールにより試合には出られなかった。2010年、先発8試合を含む12試合に出場し、チーム2位の43回のレシーブ、チーム3位の482ヤードを獲得、3TDをあげた。2011年は、チーム2位の44回のレシーブで、チームトップの680ヤードを獲得、8TDをあげた[2]。シーズン最後の4試合中3試合で100ヤード以上のレシーブをマークした[3]。彼はビッグ12カンファレンスパシフィック12カンファレンスでプレーした最初の選手となった[1]

2012年のNFLドラフトでは7巡でピッツバーグ・スティーラーズに指名された。開幕ロースターには残れず、プラクティス・スクワッドとしてスティーラーズに残った[4]。11月26日、ジャクソンビル・ジャガーズと契約を結んだ[5]。第14週のニューヨーク・ジェッツ戦で初出場、第16週のニューイングランド・ペイトリオッツ戦で初キャッチを記録した[6]。この年4試合に出場し、3回のレシーブで41ヤードを獲得した。テネシー・タイタンズ戦では先発出場し、70スナップ以上でプレーした[7]2013年8月30日、ジャガーズから解雇された。9月2日、サンディエゴ・チャージャーズとプラクティス・スクワッド契約を結んだが[8]、9月25日に解雇された。

人物[編集]

従兄弟にスティーブ・ブレストンがいる[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Adam Stites (2012年11月26日). “Jaguars sign WR Toney Clemons from Steelers practice squad, according to report”. bigcatcountry.com. 2013年5月13日閲覧。
  2. ^ Biography”. コロラド大学. 2013年5月13日閲覧。
  3. ^ コンバイン不参加の掘り出し物ドラフト候補 -前編-”. NFL JAPAN (2012年4月7日). 2013年5月13日閲覧。
  4. ^ プラクティス・スクアッド・メンバー|AFC北地区” (2012年9月2日). 2013年5月13日閲覧。
  5. ^ 11月26日発表のNFL選手契約”. アメフトNewsJapan (2012年11月28日). 2013年5月13日閲覧。
  6. ^ Anthony Lepine (2012年12月26日). “Buffs In The NFL: Toney Clemons With Jaguars”. cubuffs.com. 2013年5月13日閲覧。
  7. ^ a b Bill Beckner Jr. (2013年1月6日). “Former Steelers’ draft pick, Valley grad Toney Clemons reflects on rookie season”. triblive.com. 2013年5月13日閲覧。
  8. ^ San Diego Chargers Transactions - 2013”. ESPN (2013年9月2日). 2013年9月28日閲覧。

外部リンク[編集]