トニービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トニービン
トニービン
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1983年4月7日
死没 2000年3月10日(17歳没・旧18歳)
Kampala
Severn Bridge
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 P.J.B.オカラハン
馬主 Mrs.Del Bono Gaucci
Allevamento White Star
調教師 Luigi Camici(イタリア
競走成績
生涯成績 27戦15勝
獲得賞金 1,230,300,000リラ、
7,078,250フラン、
39,028ポンド、
9,500,000円
テンプレートを表示

トニービン (Tony Bin) はアイルランド生まれの競走馬である。イタリア調教馬としてモルヴェド以来27年ぶりに凱旋門賞を制した。引退後は日本種牡馬として活躍した。

現役時代[編集]

現役時代は、1985年にイタリアでデビューし、27戦15勝。

3歳時は、ダービーイタリアーノ4着、イタリア大賞3着、ジョッキークラブ大賞2着と善戦。

4歳になると、ミラノ大賞典、ジョッキークラブ大賞を勝ち、ヨーロッパ下半期最高峰のGI凱旋門賞で2着と健闘する。

5歳時では、ミラノ大賞典を連覇し、凱旋門賞も制覇。この活躍が評価されて、ジャパンカップに招待されるが、最後の直線で骨折したため5着に惜敗し、このレースを最後に引退した。

種牡馬時代[編集]

引退後、日本社台グループが購入し、日本で種牡馬生活を送ることになる。1994年日本リーディングサイアーを獲得。数多くの活躍馬を出したが、2000年3月10日に急性心不全のために死亡した。このため2001年産がラストクロップとなり、最終年は種付け期間中の死亡であったため、中央競馬に登録されたのはわずか4頭であった。

産駒は東京競馬場との相性がよく、産駒獲得GIのほとんどが東京競馬場での勝利である。産駒は東京競馬場で行われる芝のGIレース(2006年新設のヴィクトリアマイルを除く)を完全制覇している。

2009年7月1日に、ジュラナスリング(2000年産)が引退したことによりすべての産駒が中央競馬より姿を消した。

産駒の種牡馬成績は、ジャングルポケットや1勝ながら種牡馬入りしたミラクルアドマイヤがGI馬を輩出しており、孫世代のカンパニーが種牡馬入りをしている。

GI級競走優勝馬[編集]

サクラチトセオー
ウイニングチケット
ノースフライト


レディパステル
ジャングルポケット
テレグノシス

グレード制重賞優勝馬[編集]

地方競馬重賞優勝馬[編集]

  • 1992年産
  • 1992年産
    • ミナミノジャック(金盃
  • 1993年産
    • サンアドマイヤ(青藍賞
    • ミスズトニーオー(新潟グランプリ)
  • 1994年産
    • ダイワトニービン(東国賞2回、新春杯)

産駒の特徴[編集]

産駒の特徴および傾向として、差し、追い込みといった戦法を得意とする馬が多いことが挙げられる。突出したスピードこそ無いが、後方から確実に伸び続けるロングスパートを得意としている。ゴール前の直線が長いコースに強く、東京競馬場や2001年以降の新潟競馬場との相性は良い。特に東京競馬場では圧倒的ともいえる成績を残しており、産駒のG1勝ち星の合計13勝のうち11勝は東京競馬場であげたものである。その反面やや不器用な面があり、コーナーワークや瞬時の加速などは若干不得手で、そのため中山競馬場福島競馬場など、小回りで直線が短いコースにおける実績はとりわけ目立ったものではない。

ダートは無難にこなす程度で、本質的には芝向き。芝であれば重馬場でもさほど力は落ちない。頑健な馬体と成長力を併せ持ち、中には古馬になってからも衰えない息の長い活躍をみせる産駒もいる。

母の父としての代表産駒[編集]

GI・JpnI・JGI馬のみ記載

母父としてもリーディングBMSのランキング上位の常連となっており、非常に優秀。特筆すべきはサンデーサイレンス系種牡馬との相性の良さであり、一種のニックス配合とする意見もある[要出典]。自身の産駒とはやや傾向が異なり中山競馬場での重賞勝利も多い。

備考[編集]

初代オーナーのルチアーノ・ガウッチ/Luciano_Gaucci(名義は夫人)はかつて中田英寿が所属したイタリアのプロサッカークラブACペルージャ(現・ペルージャ・カルチョ)の元会長としても知られている。

血統表[編集]

トニービン血統(ゼダーン系(グレイソヴリン系)/Hyperion5×3.5=18.75% Nasrullah (Rivaz) 5.5x4=12.5%、Prince Rose5×5=6.25%〈父内〉)

*カンパラ
Kampala 1976
黒鹿毛 イギリス
Kalamoun 1970
芦毛 アイルランド
*ゼダーン
Zeddaan
Grey Sovereign
Vareta
Khairunissa Prince Bio
Palariva
State Pension 1967
鹿毛
*オンリーフォアライフ
Only For Life
Chanteur
Life Sentence
Lorelei Prince Chevalier
Rock Goddess

Severn Bridge 1965
栗毛 イギリス
Hornbeam 1953
栗毛 イギリス
Hyperion Gainsborough
Selene
Thicket Nasrullah
Artistic
Priddy Fair 1956
鹿毛 イギリス
Preciptic Precipitation
Artistic
Campanette Fair Trial
Calluna F-No.19-b

外部リンク[編集]