トッド・リンデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トッド・リンデン
Todd Linden
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワシントン州エドモンズ
生年月日 1980年6月30日(34歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手
プロ入り 2001年 ドラフト1巡目(全体41位)
初出場 MLB / 2003年8月18日
NPB / 2009年7月2日
最終出場 MLB / 2007年9月30日
NPB / 2010年8月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トッド・アンソニー・リンデンTodd Anthony Linden , 1980年6月30日 - )は、アメリカ合衆国ワシントン州出身の元プロ野球選手外野手)。現在は、サンフランシスコ・ジャイアンツ傘下A級オーガスタ・グリーンジャケッツで打撃コーチを務める。

経歴[編集]

ワシントン州シルバーデールのセントラルキットサップ高校を卒業後、ワシントン大学で2年間野球をプレー。その後ルイジアナ州立大学(LSU)へ転校し、サザンイースタン・カンファレンスの両打席本塁打試合のシーズン記録を作った。

アメリカ時代[編集]

その後サンフランシスコ・ジャイアンツと契約し、2003年にメジャーデビュー。初本塁打は2003年9月22日石井一久から放った。それからは主にバリー・ボンズの守備固めに入る控え選手としてプレーしていたが、2007年5月10日にジャイアンツから戦力外となり、5月18日フロリダ・マーリンズへ移籍した。しかし、2007年シーズン終了後に解雇となった。11月21日オークランド・アスレチックスとマイナー契約を結びスプリングトレーニングに招待選手として参加したが、開幕のメジャーロースター入りはならず、そのまま2008年5月20日にアスレチックスから解雇された。5月27日クリーブランド・インディアンスとマイナー契約。ここでもメジャー昇格は果たせず、シーズン終了後にフリーエージェントとなった。

2009年ニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結びスプリングトレーニングに招待選手として参加。6月12日東北楽天ゴールデンイーグルスと契約を結んだことが報じられ[1]6月16日に楽天が契約合意を発表した[2]

楽天時代[編集]

7月2日北海道日本ハムファイターズ戦にて初出場し、ダルビッシュ有から2安打を放つと、7月7日千葉ロッテマリーンズ戦では来日初本塁打、初打点を含む4打数4安打3打点の活躍をする。入団直後はライトで起用されていたが、6試合目からレフトに固定される。

7月16日埼玉西武ライオンズ戦では西口文也から初回先頭打者本塁打を放ち、7月19日オリックス・バファローズ戦では来日初のサヨナラ安打を放った。

7月20日福岡ソフトバンクホークス戦で、見逃し三振の判定に対して福家英登球審に暴言を吐き、来日初の退場処分を受けた(リンデンは後日、このことに対し、判定に不服があったので抗議をしただけと語っている)。この件で、日本プロ野球組織の加藤良三コミッショナーは厳重注意と制裁金5万円を科した。[3]

9月26日の西武戦(西武ドーム)でフェルナンド・セギノール・リンデン・中谷仁の球団史上初となる3者連続ホームランを記録した。7番打者から9番打者の3者連続ホームランは、2003年9月14日福岡ダイエーホークスフリオ・ズレータ出口雄大鳥越裕介)以来、プロ野球史上2度目。

加入当初は1番での起用が多かったが後に下位に定着。守備、走塁の前評判がよかったが、首脳陣の予想以上に打撃で成績を残し、途中加入ながら打率.292、12本塁打37打点、先頭打者本塁打を3本、サヨナラ安打を2度放つなど好成績を残した。しかし一方で三振が非常に多く、73試合の出場でリーグ10位タイとなる105三振を喫した。

シーズンではある程度の成績を残したものの素行の問題から去就が注目されていたが(下記参照)、12月14日、球団から来季の選手契約を更新した旨が発表され[4]、翌年も引き続き楽天でプレーすることが決まった。

2010年8月18日のオリックス戦で、福家審判に暴言を吐いたとして退場になった際、マーティ・ブラウン監督と対立。球団から謹慎と制裁金を科せられた(問題発言の項参照)。そのような騒動や前年のような成績を残せなかったことで10月27日、球団から来季の契約を結ばない事が発表された。

楽天退団後[編集]

2011年アトランティックリーグエドモントン・キャピタルズと契約した。

2012年サンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結ぶ。

2013年もジャイアンツとマイナー契約を結び、AAA級フレズノ・グリズリーズでプレー

2014年からは、ジャイアンツ傘下A級オーガスタ・グリーンジャケッツで打撃コーチを務める。

問題行動[編集]

  • ワシントン大学ではチーム規則や学則を何度も破ったり、キューバとの親善試合の際にキューバ製葉巻を密輸したりしたこともあって、退部処分を受けた[5]
  • 2009年8月2日のロッテ戦で内角攻めに激高し、次の打席の初球にセーフティバントの構えからバットを引く振りをして故意に捕手の里崎智也のマスクにぶつけ、乱闘寸前になった。
  • 2009年10月6日のロッテ戦において中谷仁のスクイズ失敗により三本間で挟まれた際、ロッテの福浦和也のグラブを肘打ちしてボールを弾き飛ばし守備妨害を宣告された。
  • 2009年10月10日の日本ハム戦前でのミーティングで、起用法をめぐり、野村克也監督やコーチを侮辱する発言・監督批判があったとして翌日に登録抹消された。抹消から再登録までは10日以上開かないと登録ができないため、CS第1ステージ出場が不可能になった。リンデンは10月13日に野村監督のもとへ謝罪に訪れるがTシャツ短パンサンダルという服装に加え、態度の悪さから更に怒らせる結果となってしまった。このままポストシーズン出場機会無しかと思われたが10月19日にリンデンが2度目の謝罪を行い、ようやく野村監督の許しを得た。CS第1ステージはリンデンを欠きながらもソフトバンクを下したため、第2ステージの日本ハム戦からの復帰が決まった。監督批判は厳しい罰則があるものだが、この野村監督批判に対する罰則は登録抹消のみというものだった。なお、野村は謝罪を受け入れた翌々日、城島健司を批判する際に「あいつは人間失格。ジャパニーズリンデンや」と発言している[6]
  • 2010年のオリックスとの開幕3連戦では米国製のバットに自身が契約している国内のメーカーのシールを張った「違反バット」を使用していたことが分かり、プロ野球規則委員会から注意を受けた。
  • 2010年8月18日のオリックス戦で福家英登球審に暴言を吐き退場となった後、ベンチ裏でリンデンをなだめようとしたブラウン監督に対して「なぜ日本人の肩を持つんだ」などと監督批判を行なった。それまで度々起用法に関して衝突していた事と相まって9月7日に球団から40日間の謹慎と600万円の罰金が科せられた[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2003 SF 18 39 38 2 8 1 0 1 12 6 0 0 0 0 1 0 0 8 2 .211 .231 .316 .547
2004 16 40 32 6 5 1 0 0 6 1 0 0 2 0 5 0 1 7 0 .156 .289 .188 .477
2005 60 187 171 20 37 8 0 4 57 13 3 0 1 0 10 0 5 54 5 .216 .280 .333 .613
2006 61 89 77 15 21 4 2 2 35 5 1 0 2 0 9 0 1 20 2 .273 .356 .455 .811
2007 30 60 55 6 10 1 0 0 11 3 0 0 0 0 5 1 0 23 0 .182 .250 .200 .450
FLA 85 144 129 15 35 7 1 1 47 8 4 0 0 0 14 0 1 36 4 .271 .347 .364 .712
'07計 115 204 184 21 45 8 1 1 58 11 4 0 0 0 19 1 1 59 4 .245 .319 .315 .634
2009 楽天 73 317 284 47 83 22 0 12 141 37 2 5 0 0 32 1 1 105 5 .291 .366 .496 .862
2010 53 189 162 18 30 5 0 5 50 18 1 0 0 2 21 0 4 64 3 .185 .291 .309 .600
MLB:5年 270 559 502 64 116 22 3 8 168 36 8 0 5 0 44 1 8 148 13 .231 .303 .335 .638
NPB:2年 126 506 446 65 113 27 0 17 191 55 3 5 0 2 53 1 5 169 8 .253 .338 .428 .766

記録[編集]

背番号[編集]

  • 50 (2003年 - 2004年)
  • 39 (2005年 - 2007年途中)
  • 26 (2007年途中 - 同年終了)
  • 3 (2009年 - 2010年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]