トッド・マカロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トッド・マカロック
Todd MacCulloch
名前
本名 トッド・カーライル・マカロック
ラテン文字 Todd MacCulloch
スペイン語 Todd Carlyle MacCulloch
基本情報
カナダの旗 カナダ
誕生日 1976年1月27日(38歳)
出身地 マニトバ州ウィニペグ
身長 213cm
体重 127kg
選手情報
ポジション センター
ドラフト 1999年 47位
代表歴
キャップ カナダの旗 1998-2001
経歴
1999-2001
2001-2002
2002-2003
フィラデルフィア・76ers フィラデルフィア・76ers
ニュージャージー・ネッツ ニュージャージー・ネッツ
フィラデルフィア・76ers フィラデルフィア・76ers
 
獲得メダル
男子バスケットボール
カナダの旗 カナダ
FIBAアメリカ選手権
1999 サンフアン 男子
2001 ネウケン 男子

トッド・マカロックTodd MacCulloch)ことトッド・カーライル・マカロックTodd Carlyle MacCulloch1976年1月27日 - )は、カナダの元プロバスケットボール選手NBAでプレイしていたが、2003年に遺伝性の難病が発症し2004年9月に現役を引退した。マニトバ州ウィニペグ出身。ポジションはセンター。213cm、127kg。

来歴[編集]

ワシントン大学1年次にはカンファレンスのフレッシュマンチームに選ばれた。2年次にはフィールドゴール成功率67.6%、3年次には平均18.6得点、9.7リバウンドをあげてNCAAトーナメントベスト16に進出、第2シードのコネチカット大学戦でリップ・ハミルトンブザービーターを決められて敗れた[1]。65.0%を記録した。4年次の1999年には平均18.7得点、11.9リバウンド、フィールドゴール成功率66.2%の成績をあげて、オールアメリカンに選ばれた。また3シーズン連続でNCAAディビジョンIのフィールドゴール成功率トップとなった。これはジェリー・ルーカスに次ぐ史上2人目の快挙であった[2]。3年次と4年次にはパシフィック・テン・カンファレンスのファーストチームにも選ばれている[2]

1999年のNBAドラフト2巡47位でフィラデルフィア・セブンティシクサーズに指名された。1999-2000シーズンは先発6試合を含む56試合に出場し、平均3.7得点、2.6リバウンドをあげた[2]。シクサーズで2シーズンを控えセンターとして過ごした後、オフシーズンに「フリーエージェントとなった彼はニュージャージー・ネッツと契約、2001-02シーズン、先発センターとして平均9.7得点、6.1リバウンドをあげた。その後シクサーズにトレードで復帰、2002-03シーズンは平均20分の出場で7.1得点、4.7リバウンドをあげた。シーズン半ばの2月より[3]慢性的な足の状態の悪さから故障者リストに入り、その年のNBAファイナルでプレーすることはできなかった。翌シーズンはプレーできず、2004年9月に現役引退を発表した。

バスケットボールカナダ代表としても93試合に出場、シドニーオリンピックでは7位となっている。

難病とされる遺伝性末梢神経疾患、シャルコー・マリー・トゥース病のため[3]、27歳の若さで引退した。

ピンボール[編集]

幼いころからピンボールをプレーした。2001年にニュージャージー・ネッツ在籍中に自宅にピンボールの器械を購入しており[3]、自宅には50以上のピンボールやアーケードゲームの器械がある。Medieval Madness

2007年にはスウェーデンストックホルムで開かれたヨーロッパピンボール選手権に出場している。また2005年からPAPAの世界大会にも出場している。2011年10月23日にシカゴで開かれた大会で優勝し[4]賞金3000ドルを手に入れた。

現在世界ランキング124位となっている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ UW’s Todd MacCulloch: From NBA Center To Pinball Pro”. lostlettermen.com (2011年2月10日). 2012年5月4日閲覧。
  2. ^ a b c Player Profiles”. interbasket.net. 2012年5月4日閲覧。
  3. ^ a b c Todd a pinball wizard MacCulloch's life is on TILT”. SLAM sports (2007年3月22日). 2012年5月4日閲覧。
  4. ^ Pinball Expo Flip Out Tournament”. International Flipper Pinball Association. 2012年5月4日閲覧。
  5. ^ Todd MacCulloch”. International Flipper Pinball Association. 2012年5月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]