トッシー・スピヴァコフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トッシー・スピヴァコフスキーTossy Spivakovsky, 1906年12月23日 - 1998年7月20日[1]は、ロシア出身の、アメリカで活躍したヴァイオリニスト。本名はナタン・スピヴァコフスキー(Nathan Spivakovsky)。

オデッサの出身。ベルリンでアリゴ・セラートとヴィリー・ヘスに師事。10歳でデビューを果たし、13歳でヨーロッパ・ツアーを敢行して名声を高めた。18歳の時には、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーに認められてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターに抜擢されている。 1920年代から、兄のヤッシャ・スピヴァコフスキーとデュオを結成し、エドモンド・クルツを加えてピアノ・トリオとしての活動も行うなど、室内楽での活動も活発であった。 1933年にはオーストラリアに演奏旅行に行き、メルボルン音楽院の教授の職に就いた。 1940年には渡米してニューヨークに住み、アルトゥール・ロジンスキの率いるクリーヴランド管弦楽団のコンサートマスターを務め、1943年にはベーラ・バルトークヴァイオリン協奏曲第2番のアメリカ初演で独奏を担当し、ソリストとしての名声を確立した。 1974年から1989年まで、ジュリアード音楽院のヴァイオリンと室内楽の教授を務めていた。

コネチカット州ウェストポートにて没。

脚注[編集]

  1. ^ [1]