トッカルビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トッカルビ

トッカルビ (떡갈비) は韓国料理のひとつで、全羅南道光州広域市の松汀里に由来する。現在は、韓国各地で食べられている。牛肉豚肉を半分ずつ混ぜ四角いトックの形にした後、炭火の両面グリルで焼いて食べる。牛肉と豚肉を半分ずつ混ぜる理由は、牛肉だけ入れた場合にあまりにも味が硬いので、適当に油分を混ぜるために豚肉を入れる。一般的に、トッカルビを食べる前に残ったカルビの骨でスープを茹でて飲んだりもする。光州では、松汀里にある光山区役所周辺の路地がトッカルビ食堂で有名で、全羅南道潭陽郡でもトッカルビを郷土料理として売っている。