トゲハムシ亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゲハムシ亜科 Hispinae
Hispid beetle.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目(鞘翅目) Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目(多食亜目) Polyphaga
上科 : ハムシ上科 Chrysomeloidea
: ハムシ科 Chrysomelidae
亜科 : トゲハムシ亜科 Hispinae
Gyllenhal, 1813

トゲハムシ亜科(トゲハムシあか、Hispinae)とは、コウチュウ目(鞘翅目)ハムシ科亜科である。トゲを持つ種が多いことからこの名がある。トゲのないトゲハムシ(トゲナシトゲハムシ)も含まれている。

かつては和名としてトゲトゲを使用した。そのため、現在でも古い本ではそちらが使われる場合がある。その場合、下記の和名のトゲハムシをトゲトゲに置き換えた形である(カタビロトゲハムシ(新):カタビロトゲトゲ(旧))。

なお、かつてカメノコハムシ亜科とされたものは、現在ではほとんどがここに含まれる。

トゲハムシとカメノコハムシの仲間には頭頂部が前方に強く突出し、口が頭頂部の下面に位置するという特徴がある。

日本産[編集]

  • オキナワホソヒラタハムシ Agonita omoro
  • ヨナグニトゲハムシ Asamangulia yonakuni
  • ヒメキベリトゲハムシ Dactylispa angulosa (Solsky, 1872)
  • ヒゴトゲハムシ Dactylispa higoniae
  • タケトゲハムシ Dactylispa issikii
  • キベリトゲハムシ Dactylispa masonii Gestro, 1923
  • カタビロトゲハムシ Dactylispa subquadrata (Baly, 1874)
  • イネトゲハムシ Dicladispa armiqera
  • クロトゲハムシ Hispellinus moerens (Baly, 1874)
  • ミヤモトホソヒラタハムシ Leptispa miyamotoi
  • タグチホソヒラタハムシ Leptispa taguchii
  • ヘリビロトゲハムシ Platypria echidna
  • ツシマヘリビロトゲハムシ Platypria melli
  • クロルリトゲハムシ Rhadinosa nigrocyanea (Motschulsky, 1861)

トゲナシトゲトゲ[編集]

トゲハムシ亜科に属するハムシにも成虫のない種があり、トゲナシトゲトゲトゲナシトゲハムシ)という和名で呼ばれる。しかし、形容矛盾であるとして近年では「ホソヒラタハムシ」という和名も使われている。国内のハムシ14種のうち4種がこの種である[1]トゲがないため外見の印象は異なるが、トゲハムシ亜科の重要な特徴は備えている。

トゲアリトゲナシトゲトゲ[編集]

トゲナシトゲトゲの仲間にもトゲのある種があり、複数の文献でトゲアリトゲナシトゲトゲトゲアリトゲナシトゲハムシ)という呼び方で紹介している。その外見は普通のトゲハムシとは異なるものである。

具体的な例が紹介されているのは池田清彦の著書で、かつてタイで小宮義璋がトゲのあるトゲナシトゲトゲを発見したエピソードのほか、具体的な種名と写真も掲載している[2]

別の文献では[3]には、東南アジア産種の中にトゲ状の突起を有するように進化したホソヒラタハムシ(トゲナシトゲトゲ)が見られ、それらを日本の愛好者が当時の和名にちなんで、かつてこのように呼んでいたことが記されている。

トゲアリトゲナシトゲトゲという和名は2007年の時点では存在せず[1]、国内産のトゲハムシに該当するものはない。また国内の図鑑等での記載は確認できず、研究者や愛好者に広く使われている呼び名かは不明。

脚注[編集]

  1. ^ 池田清彦『不思議な生き物 生命38億年の歴史と謎』で、トゲアリトゲナシトゲトゲの例として「ベニモントゲホソヒラタハムシ」の標本写真を掲載している。写真は小檜山賢二の手による。
  2. ^ 『虫の名、貝の名、魚の名 和名にまつわる話題』青木淳一奥谷喬司松浦啓一 東海大学出版会 ISBN 4-48601592-4

参考文献[編集]

外部リンク[編集]