トゲハシムシクイ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゲハシムシクイ科
ヒメトゲハシムシクイ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
上科 : ミツスイ上科 Meliphagoidea
: トゲハシムシクイ科 Acanthizidae
学名
Acanthizidae Sundevall1872
英名
Australasian Warbler

トゲハシムシクイ科(トゲハシムシクイか、学名 Acanthizidae)は、鳥類スズメ目の科である。

オーストラリア区に生息する。

系統と分類[編集]

系統樹は Gerdner et al. (2010)[1]より。ホウセキドリ科 Pardalotidae姉妹群である。

ミツスイ上科

オーストラリアムシクイ科 Maluridae




ヒゲムシクイ科 Dasyornithidae




ミツスイ科 Meliphagidae




ホウセキドリ科 Pardalotidae



トゲハシムシクイ科 Acanthizidae






キンガオモズガラ Pachycareモズヒタキ科 Pachycephalidae(あるいはオーストラリアヒタキ科 Petroicidae)から移された[2]。一方、以前あった、Amalocichla をオーストラリアヒタキ科から移す説は否定された。

Sibley & Ahlquist (1990) はトゲハシムシクイ亜科 Acanthizinae(トゲハムシクイ科にあたる、ただしキンガオモズガラ Pachycare を除く)をヤブムシクイ族 Sericornithiniトゲハシムシクイ族 Acanthizini に分けた。これらをヤブムシクイ亜科 Sericornithinae・トゲハシムシクイ亜科 Acanthizinae とすることもある。ただしこれらの族・亜科はいずれも多系統である。

属と種[編集]

現生する属と種は国際鳥類学会議 (IOC) より[3]。現生13属64種。

ヤブムシクイ亜科 Sericornithinae[編集]

トゲハシムシクイ亜科 Acanthizinae[編集]

旧 モズヒタキ科[編集]

出典[編集]

  1. ^ Gardner, Janet L.; Trueman, John W. H.; et al. (2010), “Phylogeny and evolution of the Meliphagoidea, the largest radiation of Australasian songbirds”, Mol. Phylogenet. Evol. 55 (3): 1087–1102 
  2. ^ Norman, J. A.; Boles, W. E.; Christidis, L. (2009), “Relationships of the New Guinean songbird genera Amalocichla and Pachycare based on mitochondrial and nuclear DNA sequences”, J. Avian Biol. 40: 640–645, doi:10.1111/j.1600-048X.2009.04722.x 
  3. ^ Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2010), “Lyrebirds to whipbirds”, IOC World Bird Names (version 2.5), http://www.worldbirdnames.org/n-lyrebirds.html 
執筆の途中です この項目「トゲハシムシクイ科」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類