トゲウナギ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゲウナギ科
Macrognathus siamenis.jpg
Macrognathus siamensis
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: タウナギ目 Synbranchiformes
亜目 : トゲウナギ亜目 Mastacembeloidei
: トゲウナギ科 Mastacembelidae

トゲウナギ科(英:Spiny eel)はタウナギ目に属する魚類のの一つ。ウナギに似た体型の熱帯魚であり、英名からスパイニーイールとも呼ばれる。

概要[編集]

トゲウナギという和名は英名のSpiny eel(トゲの多いウナギ)を直訳したものだが、イール(eel)やウナギという名前は外見上の類似から付けられているだけで、ウナギ目との類縁関係は遠い。

体は細長く、各ひれはウナギのように融合せず分離している。また、背びれの前方に名前の由来となった短いトゲ(背びれの棘条)が一列に並んでいる。頭部は尖った三角形のような形状で、口の先端には鼻孔がヒゲのように発達した器官があり、これを動かして餌を探す行動が見られる。15 cm程度の小型の種類から1 mに達する大型種までおり、色彩や模様も多様。いずれも観賞魚として流通しており、砂に潜る性質や人間によく馴れることからアクアリストに人気がある。なお日本語での表記は一定しておらず、スピニーイール、スパイニールなどと表記される場合もある。

分類[編集]

次の3属からなる[1]

Sinobdella 属は中国、Macrognathus 属はアジアに分布する。Mastacembelus 属の内、アジア産(狭義の Mastacembelus 属)は10種ほどで、残り50種ほどはアフリカに分布する[2]。かつてはアフリカ産の種を AethiomastacembelusCaecomastacembelus 属に分割していたが、骨格の詳細な検討から Mastacembelus 属に統合された。[3]分子系統解析からは、AethiomastacembelusCaecomastacembelus 属の系統は複雑に入り交じっていることが示されている。また、広義の Mastacembelus 属は側系統群となっている[4]

[編集]

ファイヤー・スパイニーイール
学名:Mastacembelus erythrotaenia
体長 70 cm以上。タイに生息する大型になるスパイニーイールで、黒い体に赤い鮮やかなラインが入る、スパイニーイールとしては目立つ色彩をした種類で目にする機会は比較的多い。レッドスパイニーイールとも。
タイヤトラック・スパイニーイール
学名:Mastacembelus armatus
体長 70 cm以上。こちらも生息地はタイで、同じく大型になる種類。体にニシキヘビを思わせる黒褐色の網目模様が入り、タイヤトラックの名はこの模様をタイヤの跡に見立てている。
グリーン・スパイニーイール
学名:Mastacembelus pancalus
体長 15 cm。インドに生息する小型のスパイニーイール。薄い緑色の体色に乳白色や褐色の細かい斑点が入る。
ピーコック・スパイニーイール
学名:Macrognathus aculeatus
体長 25 cm。インドに生息する。明るい褐色の地肌に黄白色のラインが二本入り、背びれには目のような斑点が並ぶ。
メクラトゲウナギ(ブラインド・スパイニーイール)
学名:Mastacembelus brichardi
体長 12 cm。アフリカのコンゴ地方に分布する、河川の岩盤の割れ目内部に生息するスパイニーイール。洞穴のような光の無い環境に適応した洞穴生物で、体の色素は抜け、目が退化している。洞窟に生息する魚類ではブラインドケーブ・カラシンを始め、多くの種類がこのような適応をしていることが知られている。
マスタセンベルス・フレナトゥス
学名:Mastacembelus frenatus
体長 40 cm。アフリカのタンガニーカ湖に生息する。褐色のまだら模様が特徴。

脚注[編集]

  1. ^ Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2006). "Mastacembelidae" in FishBase. April 2006 version.
  2. ^ Esen Çakmak, Ahmet Alp (2010). “Morphological Differences Among the Mesopotamian Spiny Eel, Mastacembelus mastacembelus (Banks & Solander 1794), Populations”. Turkish Journal of Fisheries and Aquatic Sciences 10: 87-92. doi:10.4194/trjfas.2010.0113. 
  3. ^ Vreven, E. J.. “Mastacembelidae (Teleostei; Synbranchiformes) subfamily division and African generic division: an evaluation”. Journal of Natural History]year=2005 39 (4): 351–370. doi:10.1080/0022293042000195975. 
  4. ^ Katherine J Brown, Lukas Rüber, Roger Bills and Julia J Day (2010). “Mastacembelid eels support Lake Tanganyika as an evolutionary hotspot of diversification”. BMC Evolutionary Biology 10: 188. doi:10.1186/1471-2148-10-188. 

関連項目[編集]