トウ頓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212JIS X 0213)が含まれています詳細

(とうとん、? - 建安12年(207年))は、中国後漢末期の人物。遼西烏桓(烏丸)の大人(単于)。またはともいう。丘力居の従子。『三国志』では「烏丸鮮卑東夷伝」などに記録がある。

生涯[編集]

丘力居の死後、子の楼班が幼かったため、その後を継いで部族を統率し、上谷烏桓の難楼・遼東属国烏桓の蘇僕延・右北平烏桓の烏延を配下に置いた。

頓は武勇に優れた人物で、命令はよく行き届いた。

袁紹公孫の抗争がまだ続いていた時、頓は袁紹と早くから誼を通じ、自らの精鋭騎兵部隊を援軍として送り込んで協力した。袁紹は公孫を破ると朝廷の命令を偽造し、蹋頓らに印綬を与えた上で各々を単于に任命した。

楼班が成長すると、蘇僕延は楼班を奉じて単于に擁立し、頓を王とした。

袁煕袁尚兄弟が逃れて来るとそれを匿ったため、206年曹操の攻撃を受けた。柳城の100里前にある白狼山で張遼を先鋒とした曹操軍と遭遇し、袁尚と共に勇敢に戦うが曹操の軍略の前に敗れ、烏桓軍は大敗した。頓は虎豹騎を率いていた曹純に捕縛され斬られた。

速附丸・楼班・烏延らは袁尚と共に遼東に逃げ込んだが、太守公孫康により袁尚らと共に殺害されている。これにより三郡の烏桓は破れ、残った代郡の烏桓も降伏。その後、烏桓族は曹操に服属し、騎兵を提供するなど有力な兵力供給源となった。

小説『三国志演義』では袁紹と友好関係にあった事から、袁煕・袁尚らが曹操に敗れて頼って来ると、袁尚に協力して曹操と戦う。最後は張遼に敗れて斬り殺される事になっている。

参考資料[編集]

  • 『三国志』