トウ穎超

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「鄧穎超」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
鄧穎超
ZhouAndDeng.jpg
周恩来と鄧穎超(左)
生年月日 1904年2月4日
出生地 China Qing Dynasty Flag 1889.svg 広西省南寧
没年月日 1992年7月11日
死没地 Flag of the People's Republic of China.svg 北京市
所属政党 Flag of the Chinese Communist Party.svg 中国共産党
親族 李鵬(養子)
配偶者 周恩来

任期 1983年6月17日 - 1988年4月10日
国家主席 李先念
テンプレートを表示
鄧穎超
各種表記
繁体字 鄧穎超
簡体字 邓颖超
拼音 Dèng Yĭngchāo
和名表記: とう えいちょう
発音転記: ドン・インチャオ
テンプレートを表示

鄧穎超(とう えいちょう、ドン・インチャオ、1904年2月4日 - 1992年7月11日)は中華人民共和国の政治家。周恩来国務院総理(首相)の妻であり、婦人解放運動の活動家。第4代中国人民政治協商会議全国委員会(全国政治協商会議)主席を務めた。

経歴[編集]

原名は鄧文淑。直隷第一女子師範学校入学後、鄧穎斌と改名し、さらに鄧穎超と名を改めた。1924年民国13年)中国社会主義青年団に加盟、1925年(民国14年)3月に中国共産党へ入党。8月8日に周恩来と結婚するが、二度の流産により不妊症となり、以来李鵬をはじめとする国民党勢力に殺害された共産党員烈士の遺児を養子として養育した。

広東省では党広東区委員、婦女部部長に就任。国民党にも入党し国民党広東省婦女部の業務にも従事した。1927年(民国16年)に蒋介石が共産党員に対する弾圧(上海クーデター)に着手すると、上海に戻り反蒋介石の地下工作に参加した。長征後は白区工作部秘書などを務め、周恩来に従い武漢、重慶などで抗日民族統一戦線工作に従事、中国戦時児童保育会を設立。1945年(民国34年)の第7回党大会で、中央委員候補となる。

中華人民共和国成立後は全国夫人連盟の第1期から第3期の副主席、第4期名誉主席などを務める。1956年の第8回党大会では中央委員に選出される。鄧穎超は、周恩来存命中には政務に関与しなかったため、劉少奇の妻である王光美と異なり、文化大革命期間中、江青による迫害を受けることはなかった。しかし文革において、養女である孫維世が殺害されるなどの被害を蒙った。林彪失脚後、夫・周恩来と江青ら四人組との対立が激化。その最中の1972年5月、周恩来は膀胱癌を発症する。毛沢東の指示により周恩来の医療組が設置され、鄧穎超は葉剣英汪東興張春橋らとともにその中核メンバーとなった。周恩来はその後も病身に鞭打ち政務に励んだが、四人組の厳しい攻撃に晒され、衰弱していった。1976年1月8日、周恩来病没。鄧穎超は最愛の夫を失った。

四人組が打倒された後の1978年3月、第5期全国人民代表大会常務委員会副委員長に、第11期3中全会で中央規律検査委員会第二書記、政治局委員に選出される。また中国国民党との関係を評価され、新設された中央対台工作領導小組長として統一戦線工作を担当した。1983年6月、第6期全国政治協商会議主席に就任。

1985年9月、党中央委員を退任。1988年4月、政治協商会議主席を1期で退いた。しかし、その後も政治的影響力は大きく、1989年6月の六四天安門事件では、八大元老の一員として趙紫陽の解任や戒厳令の発布、後任の総書記についての密談に参加している。

世界の女性政治家やファーストレディーとの交友関係を有し、周恩来と共に夫妻の人気は中国国内でも高く「おしどり夫婦」として有名である。夫妻の出会いの場所である天津南開大学の近くには周恩来・鄧穎超記念館が建設された。

中華人民共和国の旗中華人民共和国
先代:
鄧小平
全国政治協商会議主席
1983年 - 1988年
次代:
李先念
 Flag of the Chinese Communist Party.svg中国共産党
先代:
設置
中央対台工作領導小組
組長
1979年12月 - 1987年8月
次代:
楊尚昆