トウ小平理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「鄧小平理論」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

鄧小平理論(とうしょうへいりろん,: Deng Xiaoping Theory)とは、鄧小平が唱えた理論。社会主義市場経済中国共産党の正当化、などの主張が中心となっている。

4つの基本原則を堅持しているものの、市場経済に重点を置いたこの理論は今までの中華人民共和国の社会主義中心論とは趣が異なる物になっている。そのため当時の中国国内、特に保守層からのこの論に対する反発が多かった。

鄧小平理論を最もわかりやすく言えば、「先に豊かになれる人が豊かになり、豊かになった人は他の人も豊かになれるように助ける」というものである。これは毛沢東華国鋒が提唱した「横並び路線」とは全く異なる。

江沢民が唱える「生産力」「文化」「人民の利益」を重視する「三個代表主義」や社会主義初級段階論などと共に、現在の中国の重要路線となっている。

関連[編集]