トウィ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トウィ語
Twi
話される国 ガーナの旗 ガーナ
母語話者数 1,030万人(母語話者数)
1,830万人(総話者数)
言語系統
公的地位
公用語 None.
— Government-sponsored languages of Ghana
統制機関 統制なし
言語コード
ISO 639-1 tw
ISO 639-2 twi
ISO 639-3 twi
テンプレートを表示

トウィ語Twi, [tɕʷi])は、ガーナ共和国で話される言語の一つである。クワ語族・アカン語方言に分類され、話者は約600万人。トウィ語には種族により多くの区分があるが、相互に通じやすい。

方言[編集]

  • アチェム・ボソメ方言(Akyem Bosome) (aka-aky)
  • ダンチラ方言(Dankyira) (aka-dan)
  • クヮウ方言(Kwawu) (aka-kwa)
  • アサンテ方言(Asante) (aka-asa)
  • アセン方言(Asen) (aka-ase)
  • アハフォ方言(Ahafo) (aka-aha)
  • アクアペム方言(Akuapem) (aka-aku)

発音の概要[編集]

子音[編集]

前舌母音の前では、全ての子音は口蓋破裂音化し、破裂音はある程度破擦音化する。/n/の異音はかなり複雑である。下記の表では、口蓋破裂音が他の口蓋破裂音も持つ場合、母音/i/と併記してある。

アシャンティ族では、母音に/gu/が続く場合には/gʷ/と発音されるが、アクワム族では/gu/のまま発音される。[tɕʷ, dʑʷ, çʷi, ɲʷ]は、唇音化された口蓋音で発音される時には、より厳密には[tɕɥ, dʑɥ, çɥ, ɲɥ]と表記されるであろう。/nh/は[ŋŋ̊]と発音される。

下記の表の欄内は、/音韻/、[音声]、<表記>の順で並んでいる。なお、注意事項として、正字法での<dw>は曖昧さを含んでいる。教科書での<dw>=/g/は、発音記号では[d̩w]と区別されるかもしれない。同様に、軟口音の時の<nw>は[n̩w]となろう。<nu>は口蓋音化して[ɲʷĩ]となる。

唇音 歯茎音 軟口蓋音 唇化音
無声破裂音 /p/ [pʰ] <p> /t/ [tʰ, tçi] <t, ti> /k/ [kʰ, tɕʰi~cçʰi] <k, kyi> /kʷ/ [kʷ, tɕʷi] <kw, twi>
有声破裂音 /b/ [b] <b> /d/ [d] <d> /g/ [g, "dʒ", dʑi~ɟʝi] <g, dw, gyi> /gʷ/ [gʷ, dʑʷi] <gw, dwi>
摩擦音 /f/ [f] <f> /s/ [s] <s> /h/ [h, çi] <h, hyi> /hʷ/ [hʷ, çʷi] <hw, hwi>
鼻音 /m/ [m] <m> /n/ [n, ŋ, ɲ, ɲĩ] <n, ngi> /nʷ/ [ŋŋʷ, ɲʷĩ] <nw, nu>
重音 /nn/ [ŋː, ɲːĩ] <ng, nyi, nnyi> /nnʷ/ [ɲɲʷĩ] <nw>
その他 /r/ [ɾ, r, ɽ] <r> /w/ [w, ɥi] <w, wi>

母音[編集]

5つの母音からなる。

  • 前舌音(緊張音): /i̘ e̘ a̘ o̘ u̘/ [i e æ~ɑ o u] <i e a o u>
  • 奥舌音(弛緩音): /i e a o u/ [ɪ~e ɛ ɑ ɔ ʊ~o] [<e ɛ a ɔ o>]

二つの正書法、e’とo’は、発音上はしばしば区別されない。ファンテ族だけは、a’は必ず区別する。


声調[編集]

高声(High)、中声(Middle)、低声(Low)がある。最初の音節は高声か低声のみである。

高声は、前の高声か中声と同じレベルになり、中声は、前に続く中声より低くなる。低声は常に、会話する時のいちばん低い音となる。ただし、単体の低声の前後に高声が来る場合には、低声は上げられ、次に来る高声は低くなる。このため、HMHとHLHは似たような発音となる。

高声は低声の次に来る場合、段階的に低下する。中声の次に来る高声と中声の組み合わせは低くなり、結果的に段階構造となる。

参考書籍[編集]

  • J.E. Redden and N. Owusu (1963, 1995). Twi Basic Course. Foreign Service Institute (Hippocrene reprint). ISBN 0-7818-0394-2
  • Obeng, Samuel Gyasi. (2001). African anthroponymy: An ethnopragmatic and norphophonological study of personal names in Akan and some African societies. LINCOM studies in anthropology 08. Muenchen: LINCOM Europa. ISBN 3-89586-431-5.

脚注[編集]


外部リンク[編集]