トゥールネル橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トゥルネル橋(仏 : Pont de la Tournelle)は、フランスパリセーヌ川に架かる橋である。

トゥルネル橋
トゥルネル橋
所在地 フランス
パリ
セーヌ川
長さ 122m
23m
高さ 14m
形式 アーチ橋
素材 鉄筋コンクリート
建設 1928-1930年
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

4区のサン=ルイ島と5区のトゥルネル河岸を結んでいる。1759年以来パリのセーヌ川が増水したときの水位を測るのはここで行われる。

この場所には何度も橋が架けられたことで知られている。中世以来木の橋が架かっていたが1656年石橋に改められた。これは1918年に破壊され、1930年に現在の橋が完成した。

トゥルネル橋のデザインはわざと非対称になるように作られている。これはセーヌ川の景観をより引き立たせるためである。3連アーチからなり、中央の大アーチを両側から小さいアーチが挟むようになっている。左岸側はパリの守護聖人である聖ジュヌヴィエーヴ像を戴く15mの高さの塔が建っている。この像はポール・ランドウスキによるものである。

トゥルネルの名は12世紀ここにフィリップ2世の城壁の見張り櫓tourelleが建っていたことに由来する。

交通[編集]

隣の橋[編集]

(上流)オステルリッツ橋シュリー橋トゥルネル橋アルシュヴェシェ橋サン=ルイ橋ドゥブル橋アルコル橋(下流)