トゥンブカ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トゥンブカ族(Tumbuka)は、バンツー族系の民族であり、マラウイ北部、ザンビア東部、タンザニア南部に在住している。トゥンブカ族の神話上の主神はチウタ(Chiuta)といい、アブラハムの宗教のように全知全能で、自らを作り上げたと言われる。トゥンブカ族の言語トゥンブカ語(chiTumbuka)である。なお、chi- は『~語』を意味する接頭語であり、スワヒリ語(kiSwahili)におけるki- や、ツワナ語(seTswana)におけるse-と同様の意味である。 また、トゥンブカ族は、『トゥンブカ族の部族の一つ』を意味するヴァトゥンブカ族(vatumbuka)と呼ばれることもある。

1998年のThe World Almanacの見積もりでは、およそ200万人のトゥンブカ語話者が上記の3ヶ国に在住しているという。 エスノローグの見積もりでは、133万2000人のトゥンブカ語話者がおり、including 94万人はマラウイに、39万2000人はザンビアに在住しており、タンザニアについてはリストが存在していない[1]

トゥンブカ語は、バントゥー語群に属しており、文法語彙スワヒリ語に類似している。

外部リンク[編集]