トゥル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
トゥル語
<画像: トゥル文字で書いたTuḷu bāse> または ತುಳು ಬಾಸೆ
話される国 インドの旗 インド
地域 カルナータカ州西部とケーララ州の一部
母語話者数 195万人 (1997年)
言語系統
表記体系 カンナダ文字トゥル文字英語版
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 tcy
Tuluspeakers.PNG
テンプレートを表示

トゥル語 (<画像: トゥル文字で書いたTuḷu bāse> または ತುಳು ಬಾಸೆ,[1] Tuḷu bāse[ˈtuɭu ˈbɒːsæ] [?]) は ドラヴィダ語族に属する南部ドラヴィダ語派の言語のひとつである。話者は195万人 (1997)[2]。話者は、トゥルヴァ(トゥル人英語版とも)と呼ばれる人々で、その多くは インド南西部のトゥル・ナドゥ英語版と呼ばれる地域に住んでいる。

南部ドラヴィダ語派だが南部ドラヴィダ祖語から早期に分岐したため[3]、いくつかの点でタミル・カンナダ系英語版タミル語カンナダ語)にない要素を持っている。トゥル語には文字で書かれた文学は少ないが、叙事詩などの豊かな口承文学を持っている。

言語名別称[編集]

  • Tal
  • Tallu
  • Thalu
  • Thulu
  • Tilu
  • Tullu
  • Tuluva Bhasa

脚注[編集]

  1. ^ トゥル語は2種類の文字を持つ。 Tuḷu bāseトゥル文字英語版では <Image: Tuḷu bāse>カンナダ文字では ತುಳು ಬಾಸೆ と書かれる。トゥル語 bāse に対してカンナダ文字では、ಭಾಷೆ bhāṣe, ಭಾಶೆ, bhāśe, および ಬಾಶೆ bāśe というスペルもある。カンナダ語での「言語」という語の正しい綴りは ಭಾಷೆ bhāṣe だが、トゥル語の場合、これは必ずしも成り立たない。 Männer の Tulu-English and English-Tulu Dictionary (1886) によれば “ಬಾಶೆ, ಬಾಸೆ bāšè, bāsè, see ಭಾಷೆ.” (vol. 1, p. 478), “ಭಾಶೆ, ಭಾಷೆ bhāšè, bhāshè, s. Speech, language.” (vol. 1, p. 508) とあり、4種類の綴りが収録されている。トゥル語では実際には ಬಾಸೆ bāse と発音される。上記辞書の表記ではšsh はそれぞれISO 15919ś に相当する。
  2. ^ Lewis, M. Paul, ed. (2009), “Tulu”, Ethnologue: Languages of the World (16 ed.), SIL International, http://www.ethnologue.com/show_language.asp?code=tcy 2009年11月12日閲覧。 
  3. ^ "Language Family Trees: Dravidian, Southern", Ethnologue (16th ed.).

関連項目[編集]

外部リンク[編集]