トゥルー・カラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥルー・カラーズ
シンディ・ローパーシングル
収録アルバム トゥルー・カラーズ
リリース 1986年7月25日
録音 1986年3月3日
ジャンル ポップス
時間 3分47秒
作詞・作曲 トム・ケリービリー・スタインバーグ、シンディ・ローパー
プロデュース シンディ・ローパー、レニー・ペッツィー
ゴールド等認定

プラチナ (RIAA)
ゴールド (Music Canada)

シンディ・ローパー シングル 年表
グーニーズはグッド・イナフ
(1985年)
トゥルー・カラーズ
(1986年)
チェンジ・オブ・ハート
(1986年)
テンプレートを表示

トゥルー・カラーズ」 (True Colors) は、アメリカ合衆国ソングライターであるビリー・スタインバーグトム・ケリーによって制作された楽曲で、歌手のシンディ・ローパーが歌詞を若干つけ加えた。シンディ・ローパーの同名の2ndアルバムからの 1stシングルとして発表された。この曲はそのアルバムに収録されたオリジナル曲のうち、唯一ローパーが作曲していない曲である[1]。「トゥルー・カラーズ」は、ビルボード・ホット100で2週間1位を記録し、グラミー賞の最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞の候補作品となった。

楽曲情報[編集]

「トゥルー・カラーズ」は元々ビリー・スタインバーグが彼自身の母親について書いた曲だった。トム・ケリーが最初のバースを変更し、2人でこの曲をシンディ・ローパーへ提出した。彼らのデモ・ヴァージョンは、「明日に架ける橋」のようなピアノを中心としたゴスペル・バラードだった。スタインバーグは、「シンディは、なにかはっとさせるような飾り気のない形にこの曲をアレンジさせて完成させた」と語っている[1]

この曲はアメリカのビルボード・ホット100で1位[2]を、オーストラリアでは3位、全英シングルチャートで12位[3]を記録した。

「トゥルー・カラーズ」は、その歌詞の内容からゲイの人たちの人権運動のテーマ曲として使用されるようになった。

チャート[編集]

チャート(1986年) 最高位
オーストラリア ARIAシングルチャート 3
オーストリア・トップ40[4] 12
カナディアン・シングルチャート 1
フランス・シングルチャート[4] 49
ドイツ・シングルチャート 18
ドイツ・エアプレイ 6
アイルランド・シングルチャート 6
イタリア・シングルチャート[5] 8
日本・ホット100 59
オランダ・シングルチャート 7
ニュージーランド・RIANZシングルチャート 3
ノルウェー・シングルチャート[4] 10
スウェーデン・シングルチャート 4
スイス・シングルチャート[4] 17
全英シングルチャート[3] 12
アメリカ合衆国・ビルボード・ホット100[2] 1
アメリカ合衆国・キャッシュボックス 1
アメリカ合衆国・ビルボード・アダルト・コンテンポラリー[2] 5
チャート(2008年) 最高位
ノルウェー・シングルチャート 17

認定[編集]

認定 売上
日本 11,240
カナダ ゴールド 50,000[6]
アメリカ合衆国 プラチナ 1,000,000[7]
先代:
あなたを想うとき」 by ジャネット・ジャクソン
Billboard Hot 100 1位獲得作品
1986年10月25日 - 1986年11月1日
次代:
アマンダ」 by ボストン

フィル・コリンズのカバー[編集]

トゥルー・カラーズ
フィル・コリンズシングル
収録アルバム ベスト・オブ・フィル・コリンズ
リリース 1998年10月26日[8]
規格 CD
ジャンル ポップススムーズジャズ
時間 4分34秒
作詞・作曲 トム・ケリービリー・スタインバーグ
プロデュース フィル・コリンズヒュー・パジャム
フィル・コリンズ シングル 年表
「セイム・ムーン」
(1997年)
トゥルー・カラーズ
(1998年)
ユール・ビー・イン・マイ・ハート
(1999年)
テンプレートを表示

1998年、イギリスの歌手フィル・コリンズは、自身のベスト・アルバムのためにこの曲をカバーした。このカバーは、ローパーのオリジナルよりもスムーズジャズ色が強く、R&B歌手のベイビーフェイスがバックボーカルをつとめている。

このバージョンは、アメリカ合衆国のビルボード・アダルト・コンテンポラリーで最高2位[9]を、全英シングルチャートで26位[10]を記録した。

チャート[編集]

チャート(1998年) 最高位
オランダ・シングルチャート[11] 73
ドイツ・シングルチャート 35
フランス・シングルチャート[11] 33
全英シングルチャート[10] 26
アメリカ合衆国・ビルボード・アダルト・コンテンポラリー[9] 2

脚注[編集]

  1. ^ a b True Colors by Cyndi Lauper”. Interview with Billy Steinberg about "True Colors". Songfacts. 2009年4月9日閲覧。
  2. ^ a b c Cyndi Lauper - AllMusic”. Awards. 2012年6月30日閲覧。
  3. ^ a b ChartArchive - Cyndi Lauper - True Colors”. 2012年6月30日閲覧。
  4. ^ a b c d lescharts.com - Cyndi Lauper - True Colors”. 2012年3月11日閲覧。
  5. ^ Hitparadeitalia (1986年). “Hitparadeitalia Chart”. Hitparadeitalia Charts. 2012年2月5日閲覧。
  6. ^ Canadian Certification
  7. ^ US Certification
  8. ^ Genesis Music[リンク切れ]
  9. ^ a b Phil Collins - AllMusic”. Awards. 2012年6月30日閲覧。
  10. ^ a b ChartArchive - Phil Collins - True Colors”. 2012年6月30日閲覧。
  11. ^ a b lescharts.com - Phil Collins - True Colors”. 2012年3月11日閲覧。

外部リンク[編集]