トゥルーファンタジー ライブオンライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トゥルーファンタジー ライブオンラインTFLO)は、マイクロソフト株式会社のXboxMMORPGとして発売が予定されていたが、開発中止となったゲームソフトである。開発担当は株式会社レベルファイブ

歴史[編集]

  • 2002年9月 Xbox LIVE対応のMMORPGとして発表
  • 2004年6月3日 開発中止が発表

中止の理由[編集]

中止の理由をマイクロソフト株式会社は「斬新なオンラインゲーム体験を皆さまにご提供できる状態への進捗がいまだ見込めないため」としている。一度はβテストプレーヤーの募集も開始されたが、度重なるβテストの延期や発売時期の延期によって、一度もテストされず(2003年秋の東京ゲームショウのマイクロソフトブースで簡単なデモプレイが一般公開されたのみ)、サービスも開始されることもなく終了した。

また、この延期の理由の一つに、元々、中規模なMORPGを目指して開発されていたが、途中からマイクロソフトの政治的・金銭的介入によりSCE側の『ファイナルファンタジーXI』へ対抗すべく大規模MMORPGとしての開発を目指すことになった(レベルファイブ掲示板より・現在閉鎖中)、という紆余曲折の方向転換があった。

開発中止の発表後、ソフトバンクパブリッシング発刊「ドリマガ」第21巻のインタビューにおいて、「グラフィック部分はほぼ完成したが、ネットワーク部分の開発が難航した。」という本末転倒な開発を行っていた事を答えていた。

なお、開発元の日野社長2010年2月11日のツイートによると、TFLOの思いは『ファンタジーライフ』に引き継いでいるとのことである。 また2013年には「PS4でMMORPGを作ってみたい」と発言している。