トゥルース・オア・コンシクエンシーズ (ニューメキシコ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥルース・オア・コンシクエンシーズ
—    —
市役所庁舎
ニューメキシコ州内の位置
座標: 北緯33度8分1秒 西経107度15分10秒 / 北緯33.13361度 西経107.25278度 / 33.13361; -107.25278
アメリカ合衆国
ニューメキシコ州
シエラ郡
面積
 - 計 12.8mi2 (33.1km2)
 - 陸地 12.7mi2 (32.8km2)
 - 水面 0.1mi2 (0.3km2)
標高 4,245ft (1,294m)
人口 (2000年)
 - 計 7,289人人
 - 人口密度 576.0人/mi² (222.4人/km²)
等時帯 MST (UTC-7)
 - 夏時間 山岳部夏時間(MDT) (UTC-6)
郵便番号 87901
市外局番 575
連邦情報処理標準 35-79840
GNIS番号 0897496

トゥルース・オア・コンシクエンシーズTruth or Consequences)は、アメリカ合衆国ニューメキシコ州南部に位置する都市シエラ郡郡庁所在地である。人口は7,289人(2000年国勢調査)。その珍しい市名と鉱泉で知られ、リタイア層が多く住む保養都市となっている。ニューメキシコ州内ではT or Cという略称で呼ばれている。

市名の由来[編集]

もとの市名はホットスプリングス(Hot Springs)といった。1950年、ラジオの人気番組であった「トゥルース・オア・コンシクエンシーズ」の司会者、ラルフ・エドワーズRalph Edwards)が「この放送のあとに地名を『トゥルース・オア・コンシクエンシーズ』に改名した町で番組の放送を行なう」と公言した。全米から立候補が集まり、その中からホットスプリングスが選ばれ、市名をトゥルース・オア・コンシクエンシーズと改めた。

番組は1978年に放送終了となったが、初代司会者であったエドワーズは1950年から50年間にわたり毎年5月第1週にトゥルース・オア・コンシクエンシーズを訪れ、市の祭りであるフィエスタ(Fiesta)に出席した。フィエスタではビューティー・コンテスト、パレード、ステージ・ショーなどが執り行われる。

地理と都市概観[編集]

トゥルース・オア・コンシクエンシーズは、ニューメキシコ州南部、北緯33度8分1秒西経107度15分10秒(33.133614, -107.252897)に位置している。アルバカーキの南約240km、エルパソの北北西約190kmに位置する。標高は1,293m(4,242フィート)である。

アメリカ合衆国統計局によると、トゥルース・オア・コンシクエンシーズは総面積33.1km²(12.8mi²)である。そのうち32.8km²(12.6mi²)が陸地で0.3km²(0.1mi²)が水域である。総面積の0.86%が水域となっている。

トゥルース・オア・コンシクエンシーズは1年を通じて乾燥している。夏季に雷雨により月30-50mm程度の降雨があるが、あとはほとんど雨の降らない日が続く。年間降水量は150-200mm程度である。また湿度が低いため、気温の日較差が大きい。夏の最高気温は摂氏30度を超えるが、夕方になると摂氏20度前後まで下がって涼しくなる。冬でも日中は摂氏10度を超え、温暖である。夜には氷点下になるが、州都サンタフェなど州北部と比べると冷え込みは厳しくなく、降雪も少ない。ケッペンの気候区分ではBW砂漠気候)に属する。

市街地は州間高速道路I-25から少し外れており、2ヶ所のランプウェイを起点として三日月状に広がっている。市内をリオグランデ川が流れている。上流約6kmにはエレファント・ビュッテ湖(Elephant Butte Reservoir)という人造湖があり、トゥルース・オア・コンシクエンシーズをはじめ近隣の飲料水源・農業用水源となっている。

もとの市名であるHot Springsが示すようにトゥルース・オア・コンシクエンシーズは鉱泉で知られている。ゴルフハイキング釣りなどレジャーの拠点としても人気が高い。またエレファント・ビュッテ湖の周囲は州立公園になっており、これもトゥルース・オア・コンシクエンシーズの名所のひとつになっている。このような環境に加え、1年を通じて温暖で湿度が低く、過度に都市化や観光化が進んでおらず、住宅価格も比較的安い(中央値約75,000米ドル)ため、トゥルース・オア・コンシクエンシーズはリタイア層が多く住む都市となっており、65歳以上の老人が市の人口の約3割を占める。

交通[編集]

ロッキー山脈東麓を南北に走る州間高速道路I-25がトゥルース・オア・コンシクエンシーズの北西部を通っている。北へはアルバカーキまで所要約2時間10分、サンタフェまで所要約3時間10分である。南へはI-10と合流するラスクルーセスまで所要約1時間10分、エルパソまで所要約1時間50分である。

グレイハウンドと提携しているTNM&O社のバスがアルバカーキとエルパソを結んでおり、そのうちアルバカーキ方面、エルパソ方面1日各1便ずつがトゥルース・オア・コンシクエンシーズに停車する。アムトラックの駅はなく、アルバカーキやエルパソの駅を利用することになる。また航空機の便もなく、アルバカーキ国際空港エルパソ国際空港がトゥルース・オア・コンシクエンシーズの玄関口となる。

人口動勢[編集]

以下は2000年国勢調査における人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 7,289人
  • 世帯数: 3,450世帯
  • 家族数: 1,859家族
  • 人口密度: 222.5人/km²(576.0人/mi²)
  • 住居数: 4,445軒
  • 住居密度: 135.7軒/km²(351.3軒/mi²)

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 20.2%
  • 18-24歳: 5.7%
  • 25-44歳: 20.1%
  • 45-64歳: 24.6%
  • 65歳以上: 29.3%
  • 年齢の中央値: 48歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 96.8人
    • 18歳以上: 92.4人

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 20.2%
  • 結婚・同居している夫婦: 40.5%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 10.3%
  • 非家族世帯: 46.1%
  • 単身世帯: 41.2%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 22.1%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.04人
    • 家族: 2.75人

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 20,986米ドル
    • 家族: 28,750米ドル
    • 性別
      • 男性: 23,214米ドル
      • 女性: 18,207米ドル
  • 人口1人あたり収入: 14,415米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 23.2%
    • 対家族数: 15.6%
    • 18歳未満: 33.3%
    • 65歳以上: 18.1%

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度08分01秒 西経107度15分10秒 / 北緯33.133614度 西経107.252897度 / 33.133614; -107.252897