トゥルビネ級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥルビネ級駆逐艦
Borea (BR).jpg
艦級概観
艦種 駆逐艦
就役開始 1927年8月27日
退役完了 1944年9月16日
前級 サウロ級駆逐艦
次級 ダルド級駆逐艦 第一グループ
性能諸元
排水量 基準排水量 1,070トン
常備排水量 1,560トン
満載排水量 1,715t
全長 93.2m
全幅 9.2m
吃水 3.9m
機関 ギアードタービン3缶2基 2軸推進 40,000hp
速力 36ノット
航続距離 3,200海里(14ノット)
乗員 145人
兵装 120mm連装砲 2基4門
40mm機関砲 3門
13mm機銃 4基
3連装533mm魚雷発射管 2基
爆雷または機雷 52発
表記
日本語 トゥルビネ級駆逐艦
イタリア語 Cacciatorpediniere Classe Turbine
英語 Turbine Class Destroyer

トゥルビネ級駆逐艦 (Cacciatorpediniere Classe Turbine) は、イタリア王立海軍駆逐艦。8隻が建造された。

対空火力の不足を補うため、就役後に13.2mm機銃が追加されているが、第二次世界大戦前は顕著な活躍は見られなかった。

第二次世界大戦が勃発するとトブルクを拠点として機雷の敷設、タラントからの補給に用いられた。イタリアが枢軸国として参戦する間にトゥルビネ、エウロを除く6隻は連合国軍との交戦によって失われた。この間の1940年6月16日、トゥルビネがイギリス海軍の潜水艦オルフェウスを撃沈している。

1943年9月11日の停戦後にトゥルビネがドイツ海軍により接収され水雷艇TA14として再就役し、エウロは連合国軍の支援に用いられた。その後エウロはドイツに、トゥルビネが連合国にそれぞれ空襲により撃沈され、トゥルビネ級駆逐艦は8隻全てが第二次世界大戦において失われることとなった。

同型艦[編集]

艦名 由来 就役 戦没
トゥルビネTurbine 旋風 1927年8月27日 1944年9月16日
アクィローネAquilone 北風 1927年12月3日 1940年9月17日
ボーレアBorea 北風 1927年11月14日 1940年9月17日
エスペロEspero 西風 1928年4月30日 1940年6月28日
エウロEuro 南東の風 1927年12月22日 1943年10月1日
ネンボNembo 雨雲 1927年11月14日 1940年7月20日
オストロOstro 南風 1928年6月9日 1940年7月20日
ゼッフィロZeffiro 西風 1928年5月15日 1940年7月5日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Template:トゥルビネ級駆逐艦