トゥルグ・ジウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥルグ・ジウ
ルーマニアの旗
—  県都  —

紋章
位置図
座標: 北緯45度2分3秒 東経23度16分29秒 / 北緯45.03417度 東経23.27472度 / 45.03417; 23.27472
ルーマニアの旗 ルーマニア
ゴルジュ県
地位 県都
行政
 - 市長 Florin Cîrciumaru (社会民主党)
面積
 - 計 102km2 (39.4mi2)
人口 (2002年国勢調査[1])
 - 計 96,641人
等時帯 EET (UTC+2)
 - 夏時間 EEST (UTC+3)
ウェブサイト http://www.targujiu.ro/

トゥルグ・ジウルーマニア語: Târgu Jiu、Tîrgu Jiu)は、ルーマニアオルテニア地方にある都市。ゴルジュ県の県都で、カルパティア山脈の南部、ジウ川沿いに位置する。Bârseşti、Drăgoeni、Iezureni、Polata、Preajba Mare、Româneşti、Slobozia、Ursaţiの八つの村から成る。

歴史[編集]

6世紀から14世紀にかけて、この地域はブルガリア人が支配していた。ドゥルグ・ジウは1406年の文献に初めて登場し、1597年には都市として認められた。1748年に正教会の大聖堂の建設が始まり、1764年に完成した。

第一次世界大戦が終わるとこの地で幼少期を過ごした彫刻家のコンスタンティン・ブランクーシによって1938年に戦士記念碑「Calea Eroilor / The Heroes' Street」が建てられた。このほかにも街には「The Table of Silence」、「The Gate of the Kiss」、「Chairs' Alley and The Endless Column」などのブランクーシの大規模な彫刻作品が置かれており、街の観光の目玉になっている。市の紋章の中央部にも彼の作品が描かれている。

第二次世界大戦中にはルーマニア系ユダヤ人の強制収容所が建設され、1941年にはモラヴィア系ユダヤ人も収容された。また、ルーマニア共産党メンバーなどの政治犯も収容所送りにされた。しかし、1944年8月にルーマニア革命が起こると一転してバナトのドイツ人が収容された。

1950年代初頭に当時の共産党員の市長がブランクーシの「ブルジョア」作品を取り壊そうとしたが、できなかった。

1960年代に入ると石炭の露天掘りが始まり、人口が急速に増えた。この地域の地場産業にはほかにも林業、機械製造、織物工業、ガラス製品、セメント、レンガ、タイルなどの建設資材などがある。

1992年にはブランクーシにちなんだ大学が設立された。

人口[編集]

  • 1889年 4076人
  • 1900年 6634人
  • 1940年 2万6634人
  • 2002年 9万6641人(国勢調査)

2002年の国勢調査によると、総人口の96.79%はルーマニア人、3.01%はジプシーまたはロマの人々である。

2009年1月1日時点では9万5669人が住んでいる[2]

交通[編集]

トゥルグ・ジウの交通基盤はトランスロック開発公社が運営する8路線のバスと2路線のトロリーバスで成り立っている。運賃は一回あたりだいたい0.3ユーロ。ターミナル駅はニコラエ・ティトゥレスク通りにあり、駅舎は最近建てられたため新しい。

五つの大通り(コンスタンティン・ブランクーシ通り、ニコラエ・ティトゥレスク通り、レプブリキー通り、エカテリーナ・テオドロイウ通り、ウニリー通り)が市内の道路ネットワークの根幹を成しており、とりわけエカテリーナ・テオドロイウ通りが大きい。なお、メインストリートはカレア・ヴィクトリエイ(戦勝通り の意)である。また、トゥルグ・ジウにはE79やDN67など多くの幹線道路が交差している。

教育[編集]

大学
  • コンスタンティン・ブランクーシ大学
  • スピル・ハレット大学

姉妹都市[編集]

スポーツ[編集]

サッカークラブのCSパンドゥルリイ・トゥルグ・ジウがあり、チューダー・ウラジミレスク・スタジアムというホームスタジアムも持っている。

脚注[編集]

  1. ^ 2002 Census
  2. ^ Populaţia stabilă la 1.01.2009” (Romanian). INSSE (2009年5月19日). 2009年9月7日閲覧。