トゥリア川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥリア川
RTuria1 Benaguasil.jpg
延長 280 km
水源の標高 1,680 m
流域面積 6393.6 km²
水源 スペイン アラゴン州
河口・合流先 地中海
流域 スペインの旗 スペイン
テンプレートを表示

トゥリア川バレンシア語:Riu Túriaスペイン語:Río Turia)は、スペイン東部を流れる川。グアダラビアル川(Guadalaviar)とも呼ばれる。アラゴン州グアダラビアルに源を発し、バレンシアで地中海に注ぐ。10世紀以降呼ばれたグアダラビアルの名前は『白い川』(アラビア語:wadi al biad)を意味する。テルエルで支流のアルファンブラ川(アラビア語:al-Ħamrā、赤を意味する)が合流すると、川水が赤く濁ることで知られる。

概要[編集]

トゥリア川は典型的な地中海の河川で、季節の移り変わりによる変化が大きい。水源では小さな流れでやがて渓谷を刻み、ヘア・デ・アルバラシン付近までは天然マスの成長に適した水温と清潔さを保っている。テルエルでアルファンブラ川と合流する。支流であるアルファンブラ川は夏の旱魃時期に水量が激減する。テルエルまではグアダラビアル川と呼ばれ、以後の下流はトゥリア川と呼ばれる。バレンシア県に入り、流域はトゥリア自然公園の中に入る。

河口の都市であるバレンシアでは、トゥリア川による洪水が珍しくない。1957年10月14日のバレンシア大洪水では3,700 m³ / sもの水があふれ、バレンシア住民を混乱に陥れた。この出来事によりさらなる洪水を防ぐための事業が計画され、運河が建設された。バレンシア市の南に増水時期だけ放流される川床が建設され、本流は運河を通じてベガ・デ・バレンシア郡を流れることになった。バレンシア中心部にある古い川床は、トゥリア公園となって余暇・文化施設が整備された。公園内は文化複合施設芸術科学都市となっている。