トゥリアルバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥリアルバ
トゥリアルバ(2005年9月撮影)
2005年9月撮影
標高 3,328 m
所在地 コスタリカの旗 コスタリカカルタゴ州
位置 北緯10度02分00秒
西経83度46分00秒
座標: 北緯10度02分00秒 西経83度46分00秒
山系 中央山脈
種類 成層火山
最新噴火 2015年(継続中)
トゥリアルバ山の位置(コスタリカ内)
トゥリアルバ山
トゥリアルバ山
トゥリアルバ山の位置(コスタリカ
トゥリアルバ山の位置(北アメリカ内)
トゥリアルバ山
トゥリアルバ山
トゥリアルバ山の位置(北アメリカ
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

トゥリアルバスペイン語: Turrialba)は、コスタリカにある活火山である。標高は3,328m。コスタリカの火山ではイラス火山(3,432m)に次いで2番目に高い。山頂に3つの火口があるのが特徴。火山活動は活発で、多数の噴火記録がある。

火山活動[編集]

  • 1853年1855年1856年1864年1866年に噴火した記録があり、そのうち数回は火砕流を発生させる噴火であった。他に1847年1861年にも噴火した可能性がある。最後の大きな噴火は1856年だが、2015年現在も火山活動は活発で、2005年から活動が継続状態となっている。
  • 2010年
    • 1月6日、噴火。警戒レベルを「安全」から「注意」に引き上げ[1]、周辺2つの村の住民が避難した。また、この噴火により、国立公園は閉鎖された[2]
  • 2014年
  • 2015年
    • 3月12日、噴火。火山灰や火山ガスサンホセにまで及び、サンホセにある2つの国際空港が18時間にわたって閉鎖された[4]
    • 4月23日、噴火。トゥリアルバから80km離れた、サンホセにある空港では火山灰の影響で閉鎖される事態に[5]
2010年2月24日撮影

出典・脚注[編集]

  1. ^ “コスタリカのトゥリアルバ山が噴火、警戒レベル引き上げられる”. AFPBB News. (2010年1月7日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2680376/5130410 2012年9月14日閲覧。 
  2. ^ a b “コスタリカ 火山噴火で住民避難”. NHK NEWS. (2014年10月31日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141031/k10015852991000.html 2014年11月1日閲覧。 
  3. ^ “コスタリカの国立公園内で火山噴火 過去150年で最大規模”. Hazard lab(ハザードラボ). (2014年10月31日). http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/7/8/7846.html 2014年11月2日閲覧。 
  4. ^ “コスタリカで火山噴火 空港一時閉鎖などの影響”. NHK NEWS. (2015年3月14日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150314/k10010015311000.html 2015年3月14日閲覧。 
  5. ^ “今度はコスタリカで噴火、首都空港閉鎖”. AFPBB News. (2015年4月24日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150314/k10010015311000.html 2015年4月24日閲覧。