トゥットリンゲンの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥットリンゲンの戦い
戦争三十年戦争
年月日1643年11月24日
場所トゥットリンゲン
結果:皇帝軍の勝利
交戦勢力
フランス王国 神聖ローマ帝国
バイエルン
ロレーヌ
指揮官
ジョシアス・ランツァウ フランツ・フォン・メルシー
ヨハン・フォン・ヴェルト
ロレーヌ公シャルル4世
損害
損害: 死傷者 不明
捕虜: 7,000
損害: 死傷者 不明
三十年戦争

トゥットリンゲンの戦い三十年戦争における戦闘で1643年11月24日フランス神聖ローマ帝国の間で行われた。

フランス軍はジョシアス・ランツァウ、神聖ローマ帝国側はフランツ・フォン・メルシー が皇帝軍、バイエルン軍、ロレーヌ軍を率いていた。戦いは神聖ローマ帝国軍の奇襲によって冬営していたフランス軍の敗北に終わり、フランス軍はライン川を越えてアルザスへ撤退した[1]。この戦いでメルシーはフランス軍7000人とランツァウを捕虜とした。

脚注[編集]

  1. ^ Croxton, pp. 981, 987.

出典[編集]

  • Croxton, Derek. "The Prosperity of Arms Is Never Continual: Military Intelligence, Surprise, and Diplomacy in 1640s Germany." The Journal of Military History, Vol. 64, No. 4 (October 2000), pp. 981-1003.