トアルフ・スコーレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トアルフ・スコーレムAlbert Thoralf Skolem1887年5月23日 - 1963年3月23日)は、ノルウェー数学者オスロ大学代数学自然数論を講義した。

数理論理学数学基礎論で重要な発見をしている。また、不定方程式論においても、いくつかの定理を発見している。主な業績として、数理論理学では

が挙げられる。また、数学においては

  • P進数法

などの業績を挙げた。

関連項目[編集]