デーラウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(ホーフ郡の位置)
Wappen von Döhlau Lage des Landkreises Hof in Deutschland.PNG
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: オーバーフランケン行政管区
郡: ホーフ郡
緯度経度: 北緯50度16分 東経11度56分
標高: 海抜 529 m
面積: 15.25 km²
人口:

4,036人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 265 人/km²
郵便番号: 95182
市外局番: 09286
(一部: 09281 および 09283)
ナンバープレート: HO
自治体コード: 09 4 75 120
行政庁舎の住所: Am Rathaus 2
95182 Döhlau
ウェブサイト: www.doehlau.de
首長: トーマス・クナウアー (Thomas Knauer)
郡内の位置
Döhlau in HO.svg

デーラウ (Döhlau)は、ドイツ連邦共和国バイエルン州オーバーフランケン行政管区ホーフ郡に属する町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ホーフ市の南東約6kmの連邦道 B15沿いのバイエルン・フォクトラントに位置する。

地理[編集]

自治体の構成[編集]

デーラウは、公式には7つの地区 (Ort) からなる[2]。このうち孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • デーラウ
  • ラームロイト
  • ノイデーラウ
  • ノイタウパーリッツ
  • タウパーリッツ

歴史[編集]

デーラウが初めて文献に登場するのは、1348年。ピューエルの領主が、デーラウに所領を有していた。やがて、この領地はホーエンツォレルン家の(1791年以降はプロイセン王国の)バイロイト侯領となり、ティルジットの和約フランス領となった後、1810年バイエルン王国領となった。バイエルン王国の行政改革の時代、1818年の自治体令によって今日の自治体としてのデーラウが誕生した。1978年にそれまで独立した自治体であったカウテンドルフとタウパーリッツが合併して現在の形となった。

レクリエーション[編集]

タウパーリッツ湖/クェリッツ湖[編集]

タウパーリッツ地区には、クェリッツ湖がある。湖畔は、遊泳場となっていて、幼児用の区画や、非遊泳者区域も用意されている。毎年初夏には、タウパーリッツ湖フェスタが行われる。湖フェスタの日曜日には花火が上がり、湖がイルミネーションに照らされる。

人物[編集]

出身者[編集]

引用[編集]

外部リンク[編集]

(いずれもドイツ語サイト)