デーモン・ナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デーモン・フランシス・ナイト
Damon Francis Knight
誕生 1922年9月19日
死没 2002年4月15日(満79歳没)
職業 小説家編集者評論家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル SF
配偶者 ケイト・ウィルヘイム
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

デーモン・フランシス・ナイト英語: Damon Francis Knight1922年9月19日 - 2002年4月15日)はアメリカ合衆国SF作家、編集者、文芸評論家であり、SFファンである。

経歴[編集]

プロとして初めて売れた作品は、SF雑誌アメージング・ストーリーズ誌に掲載されたマンガだった。最初の小説 "Resilience" は1941年に発表されたが、編集ミスで結末部分が不可解なものになってしまっていた。後にその小説は別の媒体に本来の内容で掲載された。ヒューゴー賞受賞者であり[1]アメリカSFファンタジー作家協会 (SFWA) の創設者である。ファンタジーのファン団体 (National Fantasy Fan Federation) の創設にも関わり、作家育成のためのワークショップ(ミルフォードワークショップとクラリオン・ワークショップ)の設立にも関わった。オレゴン州ユージーンに住んでいた。妻のケイト・ウィルヘイムもSF作家である。

最初の小説を書いたころはニューヨーク州に住んでいて、フューチャリアンズのメンバーだった。ナイトの短編小説の1つにSFファングループが超常的な分裂をするという話があり、それにはフューチャリアンズのメンバーが若干名前を変えて登場していた。例えば、H・B・パイパー(H. Beam Piper)は「H・D・ファイファー」( "H. Dreyne Fifer")という名前に変えられていた。

様々な雑誌で書評を連載するうちにSF評論家として有名になった。1945年にはA・E・ヴァン・ヴォークトを「(彼は)よく言われるような巨匠 (giant) ではない。彼は単に巨大なタイプライターを使っている小人だ」と評した。9年後、出版社が彼の書評をそのまま掲載することを拒んだため、書評をやめた。それらの書評は後に「驚異の追求 (In Search of Wonder)」として本の形で出版された。

1965年、ナイトはChilton Booksで編集者として働き始めた。そのころアナログ誌に掲載された Dune World を読み、フランク・ハーバートに連絡を取って『デューン』の出版を決断した。Chilton での出版が決まるまでに12の出版社で出版を断られていたという。皮肉なことに、この本は初版があまり売れず出版費用もかさんだため、Chilton は素晴らしい目利きだったナイトを解雇した。

SFWAは、生涯に渡るSFへの貢献を表彰する「グランド・マスター賞」を1994年にデーモン・ナイトに贈り、2002年にナイトが亡くなるとそれをデーモン・ナイト記念グランド・マスター賞と改称した。

ナイトの作品の中では短編「人類供応法」が最も有名で、『トワイライト・ゾーン』のエピソードにも採用された。"second-order idiot plot" という用語を考案したことでも知られている(直訳すると「二階の馬鹿なプロット」)。これは、「(ほとんど)誰もが馬鹿という社会だけで成立するストーリー設定」を意味する。

主な日本語訳作品[編集]

短編集[編集]

  • ディオ Dio(日本独自編集、1982年)
    • 目には目を An Eye for a What? (1957)
    • あの火星人をつかまえろ Catch that Martian (1952)
    • 四身一体 Four in One (1953)
    • 壷の中の男 Man in The Jar (1957)
    • 時を駆ける Extempore (1956)
    • 何なりと御質問を Ask Me Anything (1951)
    • ディオ Dio (1957)

短編[編集]

  • 虎に乗る Tiger Ride (1948)、ジェイムズ・ブリッシュと合作
  • 男と女 Not With a Bang (1949)
  • 人類供応法 To Serve Man (1950)
  • 楽園の切符 Ticket to Anywhere (1952)
  • 心にひそむもの The Analogues (1952)
  • バベル2 Babel II (1953)
  • 黄金律 Rule Golden (1954)
  • 早熟 Special Delivery (1953)
  • 王者の祈り The Country of the Kind (1955)
  • むかしをいまに Backward, O Time (1956)
  • 異星人ステーション Stranger Station (1956)
  • 最後のことば The Last Word (1956)
  • The Enemy (1957)
  • 吸血鬼 Eripmav (1958)
  • 奇妙な届けもの Thing of Beauty (1958)
  • 人形使い The Handler (1960)
  • 死刑宣告 Auto-Da-Fé (1961)
  • おみやげはこちら The Big Pat Boom (1963)
  • 寸法通りの女 Maid to Measure (1964)
  • 神の鼻 God's Nose (1964)
  • 最後の審判 Shall the Dust Praise Thee? (1967)
  • 仮面(マスク) Masks (1968)
  • アイ・シー・ユー I See You (1976)
  • 永遠 Forever (1981)
  • 輪舞 La Ronde (1983)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2001年、Retro Hugos として1950年の「人類供応法」が受賞

外部リンク[編集]