デーブ・ホリンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デーブ・ホリンズ
Dave Hollins
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国 ニューヨーク州バッファロー
生年月日 1966年5月25日(48歳)
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 三塁手
プロ入り 1987年 ドラフト6巡目
初出場 1990年4月12日
最終出場 2002年9月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)


デーブ・ホリンズDavid Michael Hollins,1966年5月25日 - )はMLBで活躍した選手。三塁手。右投両打。アメリカ合衆国ニューヨーク州バッファロー出身。

来歴・人物[編集]

サウスカロライナ大学在学中、1987年のドラフト会議でサンディエゴ・パドレスから6巡目に指名されて入団する。1989年ルール5ドラフトフィラデルフィア・フィリーズに移籍。1990年にメジャーデビュー。当時のレギュラーにチャーリー・ヘイズがいたため、2年間は控えだったが、ヘイズが去った1992年に三塁手のレギュラーを奪取。チームは最下位に苦しんだが、主に四番打者を務め156試合出場。打率.270・27本塁打・93打点・104得点の好成績で、同僚のダレン・ドールトンと共に日米野球で来日。1993年は初のオールスターに選出。打率.273・18本塁打・93打点・104得点でフィリーズのリーグ優勝に貢献。アトランタ・ブレーブスとのリーグ優勝決定戦では2本塁打を放つ活躍を見せた。

しかし、1994年以降は故障の影響で不振、所属球団も転々とした。1997年に移籍したアナハイム・エンゼルスでは長谷川滋利とチームメイトとなり、自身も打棒が復活し、打率.288・16本塁打・85打点・101得点を記録。糖尿病を抱えながらもムードメーカーとしてチームを盛り上げた。

しかし、元々拙守だったことや、衰えがみられたのか、球団が若手のトロイ・グロースを起用するため、1999年の開幕前にかつてフィリーズ時代にワールドシリーズで対戦したトロント・ブルージェイズへ放出された。2000年はメジャーに上がることもなくシーズンを終えた。2001年クリーブランド・インディアンスでメジャー復帰。2002年には古巣のフィリーズにも復帰したが、この年限りで引退した。

年度別打撃成績[編集]

受賞歴[編集]

  • オールスターゲーム選出1回(1993年)

外部リンク[編集]