デービッド・バーグマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デービッド・バーグマン
David Bergman
コレンドン・キンヘイム
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 北ホラント州ハールレム
生年月日 1981年8月16日(33歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム オランダの旗 オランダ
五輪 2008年
WBC 2006年2009年2013年

デービッド・フランシスカス・ヨハン・バーグマンDavid Franciscus Johan Bergman , 1981年8月16日 - )は、オランダ出身のプロ野球選手投手)。現在は、フーフトクラッセコレンドン・キンヘイムに所属している。

オランダ語発音では、ダービッド・ベルフマン

経歴[編集]

2005年までフーフトクラッセコニカミノルタ・パイオニアーズに所属した。

2006年開幕前の3月には、この年から開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のオランダ代表に選出された[1]
シーズンでは、同年から、コレンドン・キンヘイムに移籍した。

2007年には、12勝で最多勝をマークしている。

2008年には、北京オリンピックの野球競技にオランダ代表として選出された。

2009年開幕前の3月には、第2回WBCのオランダ代表に選出された[2]

2011年9月20日に、第39回IBAFワールドカップのオランダ代表に選出された事が発表された[3]。この大会では、欧州勢としては、1938年大会イギリス代表以来73年ぶりの優勝を果たした。この栄誉を称えて代表24人全員に「サー」の爵位が贈られ[4]、バークマンにも贈られた。

2013年開幕前の3月には、第3回WBCのオランダ代表に選出された[5]

2014年9月2日に、この年から開催されたフランス国際野球大会のオランダ代表に選出された事が発表された[6]。この大会で、オランダ代表は初代優勝国となった[7]
大会終了後の12日に、今度は第33回ヨーロッパ野球選手権大会オランダ代表に選出された事が発表された[8]。この大会では、オランダ代表が大会の記録である自国の20回の優勝を塗り替える3大会振り21度目の優勝を果たした[9]

選手としての特徴[編集]

  • オランダリーグを代表する先発投手として活躍している。
  • 140km/h前後のストレートスライダーを武器とする。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2006 Tournament Roster WBC公式サイト 英語 2015年2月27日閲覧
  2. ^ 2009 Tournament Roster WBC公式サイト 英語 2015年2月27日閲覧
  3. ^ Netherlands announces Roster for Baseball World Cup - IBAF
  4. ^ ジーター後継者は「サー」の爵位持つ24歳のグリゴリアス
  5. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト 英語 2015年2月19日閲覧
  6. ^ Roger Bernadina in EK-selectie Nederland de Nederlandse honkbalsite オランダ語 (2014年9月2日) 2015年3月20日閲覧
  7. ^ Nederland wint France International Baseball Tournament KNBSB オランダ語 (2014年9月10日) 2015年3月20日閲覧
  8. ^ Nederlands honkbalteam opent EK tegen Kroatië The Royal Dutch Baseball and Softball Association official site オランダ語 (2014年9月11日) 2015年3月20日閲覧
  9. ^ Netherlands 2014 European Baseball Champion 欧州野球連盟公式サイト 英語 (2014年9月21日) 2015年3月20日閲覧

外部リンク[編集]