デービッド・ジャスティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デービッド・ジャスティス
David Justice
Dave Justice.jpg
2011年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州シンシナティ
生年月日 1966年4月14日(48歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手右翼手
プロ入り 1985年 ドラフト4巡目
初出場 1989年5月24日
最終出場 2002年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デービッド・クリストファー・ジャスティスDavid Christopher Justice, 1966年4月14日 - )は、MLBの元選手。ポジションは外野手右翼手)。アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティ出身。

アカデミー主演女優賞を受賞したハル・ベリーは元妻。

経歴[編集]

1985年のMLBドラフトアトランタ・ブレーブスから4巡目に指名を受け入団。1989年5月24日ピッツバーグ・パイレーツ戦でメジャーデビュー。当時右翼のポジションには、1988年以降不振だったとはいえ、1983年MVPを獲得した実績のある強打者デイル・マーフィーがいたため、16試合の出場に終わる。1990年は当初一塁手として出場していたが、シーズン途中でマーフィーがフィラデルフィア・フィリーズにトレードで放出されたことで、右翼のポジションを獲得すると一気に調子を上げ、打率.282・28本塁打・78打点を記録し、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した[1]

1991年は故障もあり109試合の出場に留まるが、21本塁打・87打点を記録。チームは前年の地区最下位から一転して地区優勝。パイレーツとのリーグチャンピオンシップシリーズを激戦の末に制し、アトランタ移転後初のリーグ優勝を果たす。前年地区最下位同士の対戦となったミネソタ・ツインズとのワールドシリーズでは2本塁打を記録したが、3勝4敗で惜しくも敗退した。1992年は21本塁打・72打点を記録し、2年連続の地区優勝に貢献。前年に続きリーグチャンピオンシップシリーズでパイレーツを破り、2年連続のリーグ制覇。トロント・ブルージェイズとのワールドシリーズでは打率.158と不振で、2勝4敗で敗退。1993年オールスターゲームに初選出され、先発出場を果たした。40本塁打・120打点を記録し、3年連続の地区優勝に貢献する。フィラデルフィア・フィリーズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.143と振るわず、チームは2勝4敗で敗退した。シルバースラッガー賞を初受賞し、MVPの投票では3位に入った。

1994年オールスターゲームで2年連続の先発出場。ストライキでシーズンが打ち切られたが、自身初の打率3割となる.313・19本塁打を記録。1995年には24本塁打・78打点を記録、チームは独走で地区優勝。プレーオフも勝ち抜いて3年ぶりのリーグ優勝を果たした。クリーブランド・インディアンスとのワールドシリーズでは、王手をかけて迎えた第6戦で6回に0対0の均衡を破る先制ソロ本塁打を放つ。この1点をトム・グラビンマーク・ウォーラーズの継投で守り切り、38年ぶり、アトランタ移転後は初となるワールドチャンピオンの立役者となった。1996年は5月のパイレーツ戦で肩を負傷して離脱し、以後のシーズンを棒に振った。チームは2年連続でリーグ優勝を果たしたが、ワールドシリーズニューヨーク・ヤンキースに敗れた。

1997年は開幕直前の3月25日ケニー・ロフトンアラン・エンブリーとの交換トレードでマーキス・グリッソムと共にインディアンズに移籍。3年ぶりにオールスターゲームに選出されたが出場機会はなかった。打率.329・33本塁打・101打点・OPS1.013を記録し、前年限りで移籍したアルバート・ベルの抜けた穴を埋める活躍で、チームをリーグ優勝に導いた。フロリダ・マーリンズとのワールドシリーズでは3勝4敗で敗退した。MVPの投票では5位に入り、2度目のシルバースラッガー賞、カムバック賞も受賞した。1998年1999年はいずれも21本塁打・88打点。2000年6月29日ザック・デイリッキー・レディジェイク・ウエストブルックとの交換トレードでヤンキースに移籍。移籍後は打率.305・20本塁打の活躍でチームの地区優勝に貢献。シーズン通算ではキャリアハイの41本塁打・118打点を記録した。シアトル・マリナーズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは2本塁打を放ち、シリーズMVPを獲得。44年ぶりの「サブウェイ・シリーズ」となったニューヨーク・メッツとのワールドシリーズを4勝1敗で制し、自身2度目の世界一の栄誉を手にした。

2001年は打率.241・18本塁打・51打点に終わるが、チームはリーグ優勝し自身6度目となるワールドシリーズに出場。しかしアリゾナ・ダイヤモンドバックスに3勝4敗で敗退した。12月7日ロビン・ベンチュラとの交換トレードでメッツに移籍するが、7日後の12月14日に2選手との交換トレードでオークランド・アスレチックスに移籍。2002年フリーエージェントでヤンキースに移籍したジェイソン・ジアンビの後釜として期待されたが、11本塁打・49打点に留まり、同年限りで現役引退。

現在はESPNの野球解説者を務めている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 ATL 16 56 51 7 12 3 0 1 18 3 2 1 1 0 3 1 1 9 1 .235 .291 .353 .644
1990 127 504 439 76 124 23 2 28 235 78 11 6 0 1 64 4 0 92 2 .282 .373 .535 .908
1991 109 469 396 67 109 25 1 21 199 87 8 8 0 5 65 9 3 81 4 .275 .377 .503 .880
1992 144 571 484 78 124 19 5 21 216 72 2 4 0 6 79 8 2 85 1 .256 .359 .446 .805
1993 157 670 585 90 158 15 4 40 301 120 3 5 0 4 78 12 3 90 9 .270 .357 .515 .872
1994 104 424 352 61 110 16 2 19 187 59 2 4 0 1 69 5 2 45 8 .313 .427 .531 .958
1995 120 491 411 73 104 17 2 24 197 78 4 2 0 5 73 5 2 68 5 .253 .365 .479 .844
1996 40 164 140 23 45 9 0 6 72 25 1 1 0 2 21 1 1 22 5 .321 .409 .514 .923
1997 CLE 139 582 495 84 163 31 1 33 295 101 3 5 0 7 80 11 0 79 12 .329 .418 .596 1.014
1998 146 625 540 94 151 39 2 21 257 88 9 3 0 9 76 7 0 98 9 .280 .363 .476 .839
1999 133 530 429 75 123 18 0 21 204 88 1 3 0 5 94 11 2 90 14 .287 .413 .476 .889
2000 68 288 249 46 66 14 1 21 145 58 1 1 0 1 38 2 0 49 7 .265 .361 .582 .943
NYY 78 317 275 43 84 17 0 20 161 60 1 0 0 2 39 1 1 42 6 .305 .391 .585 .976
'00計 146 605 524 89 150 31 1 41 306 118 2 1 0 3 77 3 1 91 13 .286 .377 .584 .961
2001 NYY 111 439 381 58 92 16 1 18 164 51 1 2 0 4 54 5 0 83 6 .241 .333 .430 .763
2002 OAK 118 471 398 54 106 18 3 11 163 49 4 1 0 2 70 3 1 66 12 .266 .376 .410 .786
通算:14年 1610 6601 5625 929 1571 280 24 305 2814 1017 53 46 1 54 903 85 18 999 101 .279 .378 .500 .878

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NL Rookie of the Year Voting” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年7月14日閲覧。

関連項目[編集]

  • マネーボール(同作品に登場する、演じた俳優はスティーヴン・ビショップ)

外部リンク[編集]