データ定義言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

データ定義言語(データていぎげんご、: Data Definition Language, DDL)は、コンピュータ利用者あるいはアプリケーションソフトウェアが、コンピュータのデータを定義するコンピュータ言語もしくはコンピュータ言語要素である。 Document Type Definition (DTD) は、純粋なデータ定義言語の例である (DTDはXMLの文脈において使われる) 。 データ定義言語の別の例としては、データベース言語SQLの命令群の部分集合が挙げられる。

SQLのデータ定義言語の文は関係データベースの構造を定義する。 SQLにより定義される関係データベースの構造は、組 (行)属性 (列)関係 (表、テーブル)索引 (インデクス) 、ファイル位置などデータベース固有の特性を含む。 SQLのデータ定義言語の文の集合は関係データベース管理システム (RDBMS) の一部であり、SQLの方言により多くの相違点がある。

SQLのデータ定義言語の主な命令は次のとおりである。

関連項目[編集]