データバインディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

データバインディング(データバインド、あるいはData Bindingの訳からデータ結合とも呼ばれる。)とは、XMLなどのデータソースとアプリケーションやウェブページ(ウェブアプリケーション)のユーザインタフェースを静的または動的に結合する技術である。分離されたデータソースとユーザインタフェースの間を橋渡しする役割を果たし、データが変更されるとそれに応じてユーザインタフェースが変更される一方向なデータバインディングと、併せてユーザインタフェースの変更または操作に応じてデータが変更される双方向のデータバインディングがある。

データバインディングの実装例[編集]

関連項目[編集]