データジャーナリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

データジャーナリズム: Data journalism)は、調査報道の手法の1つである。大規模なデータの集合体をフィルタリング解析することで、新たな解釈を作り出すことを目的としており、データ駆動型ジャーナリズム: Data driven journalism)とも言われる。

インターネット上で自由に得られるオープンデータを扱い、オープンソースとして公開されているツール分析を行う。データジャーナリズムは様々な領域において新しい基準を見いだすことを目標としており、例えば、データジャーナリズムによる発見を通し、消費者ビジネスマン政治家・その他社会に関わる全ての人が、今まで知ることのできなかった物事の規則性を見つけたり、意思決定に役立てられることを目指している。このように、データジャーナリズムは、既存のジャーナリスト達が社会で適切な役割を果たすための切り札となる可能性を秘めている。

関連項目[編集]