デ・ラ・ファンタジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デ・ラ・ファンタジア

デ・ラ・ファンタジアDe・La・Fantasia)は、2005年平成17年)3月18日から同年9月25日まで愛知県名古屋市中村区平池町の旧国鉄笹島駅(貨物駅)跡地で開催されていた、2005年日本国際博覧会の複合娯楽施設を兼ねたサテライト会場である。

概要[編集]

施設・パビリオン[編集]

※印はデ・ラ・ファンタジア終了後の現在も営業している施設

  • ラ・バーモささしま ※ - 複合娯楽施設。109シネマズ名古屋を筆頭に16店舗が出展。
  • Zepp Nagoya(ゼップナゴヤ)※ - 最大1800人収容可能なライブホール
  • ポケパーク (Pokemon The Park 2005) - ポケモンをテーマにしたテーマパーク。
  • 光の建築 ルーチフェスタ - イタリアの光の芸術「ルーチフェスタ」、テンピオ、アルコ・トレッタ、ソフィットの3点が出展。
  • デリファンタジア - 世界各国のテイクアウト料理を中心としたフードコート、33店舗が出展。
  • マーケットファンタジア - 世界各国の雑貨・名産品を販売する施設、18店舗が出展。
  • 手塚治虫のCOSMO ZONE THEATER - 手塚治虫ワールドを演出するスーパープラネタリウムを中心とするバビリオン。
  • アートオブスターウォーズ展
  • 恐竜博2005
  • GLAMOROUS ONE-92(グラマラス192) - 1980年代のディスコを再現したテーマ館、VIPエリアの結婚式場もある。
  • AMUSEMENT WORLD(アミューズメントワールド) - アミューズメントをテーマとしたバビリオン。
  • DING DONG DANG(ディンドンダン)
  • ミュージックジャングルカフェ - 5店舗が出展するライブレストラン。
  • 市民展示館&ステージ広場 - 様々なイベントが催しがされる多目的ホール。

写真集[編集]

交通アクセス[編集]

鉄道

路線バス

シャトルバス

  • 愛・地球博長久手会場東ターミナル - ささしまサテライト会場前 下車、徒歩2分
    名鉄バス名古屋観光日急の共同運行。ただし、降りる場合は事前又はバス停直前に運転手に依頼する必要がある。
    名古屋駅名鉄バスセンター)発の万博会場東ターミナル行きは午後からの便は停車するが下車する事はできない。

ロンドンバスつばめタクシー運営)

ささしま・名城シャトルバス(2005年9月25日までの土日祝日限定)

  • 名古屋バスターミナルのレモンホーム0番のりば名古屋駅バス停 - ささしまサテライト会場前 下車、徒歩3分
  • 名古屋城正門前バス停 - ささしまサテライト会場前 下車、徒歩3分

自動車

関連項目[編集]

外部リンク[編集]