デ・カイパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デ・カイパー社De Kuyper Royal Distillers B.V. )はオランダアムステルダムにあるカクテル用のリキュールメーカーである。ボルスと並ぶオランダの二大リキュールメーカーの一社として知られる。

1995年に、創業300年目を記念してオランダのベアトリクス女王より、ロイヤル・ディスティラーの称号を授与される。また開設当時の所有者はジョーンズ・デ・カイパーとZoon BVである。

デ・カイパー社[編集]

1695年にペトロス・デ・カイパーとその妻アンナ・カスターズにより、オランダに誕生する。蒸留所を竣工する前、ペトロス・デ・カイパーはオランダのジンビールを輸送するための木箱を作る仕事をしていた。

1800年代に、デ・カイパー社はロンドンに拠点を置くマシュー&クラーク社と提携しグレートブリテンと、その植民地への輸出に力を注ぐ。

1894年シーダムに新しい蒸留所を。1920年代からリキュールを蒸留し始め、10年後には約20種類ほど蒸留するようになった。その中で重要なのはレモンフィリングのジェネバ(geneva)である。平行してこの頃よりオランダ国内での流通に力を入れ始める。

1932年からの2年間でニュージャージーモントリオールカナダなどの国々へ販路を拡大する。

1985年にはオリジナル・ピーチツリー(Original Peach-Tree)をアメリカで発売。当時バーを中心にファジー・ネーブルが流行していたことで、これが大ヒットし、現在まで売れ続ける代表製品となる。ちなみに発売当時はピーチツリー・シュナップスPeach-Tree Schunapps)という名前だったが、ドイツ式の蒸留酒を指すシュナップスという呼び方は、アメリカでは定着しなかったため、程なくしてオリジナル・ピーチツリーに改称されている。

1995年に、創業300年目を記念してオランダのベアトリクス女王より「ロイヤル・ディスティラー」の称号を授与されたことにより、デ・カイパー社は現在、100カ国以上に年間5000万本以上を輸出する大企業である。

デ・カイパー蒸留所の現在の管理責任者はDr.ボブ・デ・カイパー(Drs Bob de Kuyper)氏である

ラインナップ[編集]

現在発売されているデ・カイパー社の商品は以下の通り。

リキュール[編集]

アーモンド、アマレット、アニス、ブルー・キュラソー, カクタス・ジュース、ココナッツ・アマレット、コーヒー、クレーム・ド・カカオ(ダークとホワイト)、ヘーゼルナッツ、メロン、マッドメロン(スイカ)、オレンジ・キュラソー、ピーチツリー、ラズマタズ(ラズベリー)、 サン・トロピック・トロピカル・ラム(ココナッツラム)、フレンチ・バニラ、トリプル・セック、ワイルド・ストロベリー

クレームリキュール[編集]

クレーム・ド・アマンド(アーモンド)、クレーム・ド・バナナ(バナナ)、クレーム・ド・カカオ(ダークとホワイト)、クレーム・ド・カフェクレーム・ド・カシスクレーム・ド・ミント(グリーンとホワイト)

シュナップス[編集]

アップル・バレル、ブルース・ベリー、バター・ショット、クランタジア、ホット・ダム!(100プルーフシナモンおよび30プルーフ)、キー・ラルゴ・トロピカル、マウンテン・ストロベリー、オールド・タバン・ルートビア、ピーチ、ペパーミント、スペアミント、トロピカル・パイナップル、ワイルダー・ベリー

そのほかに酸っぱい「パッカー」シリーズとして次の製品が存在する。
ベリーフュージョン、ストロベリー・パッション、チェリベリ、グレープ、アイランド・ブルー、ピーチ、ラズベリー、サワー・アップル、ウォーターメロン、カミカゼ・ショット

フルーツ・ブランデー[編集]

アプリコット、ブラックベリー、チェリー、ジンジャー、キルシュヴァッサー、ニューイングランドスタイルコーヒー、ピーチ


関連項目[編集]

外部リンク[編集]