デヴィッド・ベントリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイヴィッド・ベントリー Football pictogram.svg
David Michael Bentle 16 09 2012 Rostov on Don stadium Olimp 2.jpg
名前
本名 デイヴィッド・マイケル・ベントリー
David Michael Bentley
愛称 ベント
ラテン文字 David BENTLEY
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1984年8月27日(29歳)
出身地 ピーターバラ
身長 173cm
体重 76kg
選手情報
ポジション MFSH / OH) / FWWG / ST
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2006
2004-2005
2005-2006
2006-2008
2008-2013
2011
2011-2012
2012-2013
2013
イングランドの旗アーセナル
イングランドの旗ノリッジ・シティ
イングランドの旗ブラックバーン・ローヴァーズ
イングランドの旗ブラックバーン・ローヴァーズ
イングランドの旗トッテナム
イングランドの旗バーミンガム・シティ
イングランドの旗ウェストハム・ユナイテッド
ロシアの旗 ロストフ
イングランドの旗ブラックバーン・ローヴァーズ
1 (0)
26 (2)
14 (0)
88 (13)
42 (3)
13 (0)
5 (0)
7 (0)
7 (0)
代表歴2
2005-2007
2007
2007-2008
イングランド U21
イングランド B
イングランドの旗 イングランド
8 (4)
1 (0)
7 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年4月5日現在。
2. 2008年8月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

デイヴィッド・マイケル・ベントリーDavid Michael Bentley, 1984年8月27日 - )は、イングランド出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

アーセナルユース出身のプレーヤー。2001年にアーセナルに入団したが芽が出ず、アーセン・ヴェンゲル監督に見限られながらも、2004-2005シーズンにレンタル先のノリッジ・シティで頭角を現わした。そして、移籍先のブラックバーン・ローヴァーズとイングランドU-21代表の主力となった。 アーセナル時代にはセンターフォワードとしてプレーしていたが、ノリッジ移籍後にサイドハーフに固定された。

2008-2009シーズン夏季移籍期間にトッテナム・ホットスパーに、移籍金1700万ポンドで移籍した[1]

代表[編集]

代表では、U-15に初選出されて以後、U-16、U-18、U-21と各年代の代表チームの主力選手として活躍。U-18では主将も務めた。フル代表には、2007年6月2日ブラジル戦に初招集をされたがベンチ入りするも出番はなかった。2007年9月8日EURO 2008・予選のイスラエル戦で代表デビューを果たした。

エピソード[編集]

2009年7月12日レストランで友人と食事中に、近寄ってきた男に突然殴られる事件があった[2]

タイトル[編集]

  • イングランドの旗 トッテナム・ホットスパーFC
カーリング・カップ(1) 2008-2009
  • イングランドの旗 バーミンガム・シティFC
カーリング・カップ(1) 2010-2011

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/teams/t/tottenham_hotspur/7530967.stm 閲覧:2008年9月8日
  2. ^ スポーツナビ (2009年7月13日). “トッテナムのベントリー、顔面を殴打される”. 2009年7月13日閲覧。

この項目は、ウィキプロジェクト サッカー選手の「テンプレート」を使用しています。