デヴィッド・バーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
イギリスの旗 イギリス
男子 陸上競技
オリンピック
1928 アムステルダム 400mハードル
1932 ロサンゼルス 4×400mリレー

デヴィッド・バーリー(David Burghley、1905年2月9日 - 1981年10月22日)は、イギリス陸上競技選手、貴族、政治家。

襲爵後の本名は、第6代エクセター侯爵デヴィッド・ジョージ・ブラウンロー・セシル (David George Brownlow Cecil, 6th Marquess of Exeter) で、上記の名乗りは爵位継承前の儀礼称号バーリー卿 (Lord Burghley) から取ったもの。

経歴[編集]

リンカンシャー州スタンフォードに、第5代エクセター侯爵ウィリアム・セシル英語版の息子として生まれ、イートン校スイスInstitut Le Rosey、そしてモードリン・カレッジで学ぶ。

バーリーはパブリックスクール時代、そして学生時代は非常に名の通った陸上選手であった。英国AAA選手権の120ヤード走で1929年から3連覇、440ヤードハードルでは1926年から3連覇、さらに1930年からも3連覇を果たしている。

バーリーが最初にオリンピックの舞台に立ったのは、1924年パリオリンピックであった。110mハードルに出場したバーリーであったが、予選を突破することができなかった。バーリーは、1928年アムステルダムオリンピックに連続出場を果たす。110mハードルは前回に引き続き準決勝で敗退したものの、400mハードルではアメリカフランク・クーヘルモーガン・テイラーを破り金メダルを獲得した。さらにバーリーは、1930年に開催された、大英帝国競技大会(現在のコモンウェルスゲームズ)でも、120ヤード、440ヤードの2つのハードル種目と、4×400mリレーで金メダルを獲得した。

バーリーは1931年に下院議員に選出される。翌年のロサンゼルスオリンピックには議会を欠席し出場、400mハードルでは5位に終わったものの、4×400mリレーでは銀メダルを獲得した。

バーリーはその後、英国陸連の会長を40年間務め、1946年から30年間、国際陸連の会長の職を務める。国際オリンピック委員の職に48年、さらに1948年ロンドンオリンピックの組織委員長を務めた。1956年、父の死を受けて第6代エクセター侯爵となる。

デヴィッドは2度結婚し、最初の結婚で生まれた長男(1歳で死亡した)のほか4人の娘をもうけた。1981年のデヴィッドの死後、エクセター侯爵位は弟のウィリアム英語版が継承した。