デヴィッド・ナディアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デヴィッド・ナディアン(David Nadien, 1926年3月12日 - 2014年5月28日[1])は、アメリカ合衆国ヴァイオリン奏者。

ブルックリン区のプロボクサーの家に生まれる。幼い頃から音楽好きの父親からヴァイオリンの手ほどきを受けた。その後マネス音楽学校を経てジュリアード音楽院に進学してイヴァン・ガラミアンに師事。さらにアドルフォ・ベッティやアドルフ・ブッシュの薫陶も受けた。1940年にニューヨーク・フィルハーモニック交響楽団と共演してソリストとしてデビューを果たしたが、1944年には第二次世界大戦に従軍した。復員後、1946年にはレーヴェントリット国際コンクールで優勝した。その後も、ニューヨーク・フィルハーモニック交響楽団に度々登場したが、1966年には同楽団のコンサートマスターとなり、1970年には勇退してソリスト兼スタジオ・ミュージシャンとして活動する傍ら、母校のマネス音楽学校で教鞭をとった。

マンハッタンの自宅にて死去。

脚注[編集]

  1. ^ VIVIEN SCHWEITZER (2014年6月8日). “David Nadien, Philharmonic Concertmaster, Is Dead at 88”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2014/06/09/arts/music/david-nadien-philharmonic-concertmaster-is-dead-at-88.html 2014年7月14日閲覧。