デヴィッド・ソスキス (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デヴィッド・ソスキス(David Soskice、1942年-)は、イギリスの経済学者オックスフォード大学ナッフィールド・カレッジ教授。比較政治経済学が専門。

ロンドン生まれ。オックスフォード大学のトリニティ・カレッジおよびナッフィールド・カレッジで政治学や経済学を専攻する。1967年から1990年までオックスフォード大学ユニバーシティ・カレッジで教鞭をとった。その後、ベルリンに創設された社会科学研究センター(Wissenschaftszentrum fur Sozialforschung Berlin)教授を務めた。2007年以降、現職。

著書[編集]

共著[編集]

  • Unionism, economic stabilization, and incomes policies: European experience, with Robert J. Flanagan and Lloyd Ulman, Brookings Institution, 1983.
  • Macroeconomics and the wage bargain: a modern approach to employment, inflation, and the exchange rate, with Wendy Carlin, Oxford University Press, 1990.
  • Macroeconomics: imperfections, institutions, and policies, with Wendy Carlin, Oxford University Press, 2006.

編著[編集]

  • Unions, employers, and central banks: macroeconomic coordination and institutional change in social market economies, co-editors with Torben Iversen and Jonas Pontusson, Cambridge University Press, 2000.
  • Varieties of capitalism: the institutional foundations of comparative advantage, co-edited with Peter A. Hall, Oxford University Press, 2001.
『資本主義の多様性――比較優位の制度的基礎』、遠山弘徳安孫子誠男山田鋭夫宇仁宏幸藤田菜々子訳、ナカニシヤ出版, 2007