デヴィッド・ジェンキンス (陸上選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
イギリスの旗 イギリス
陸上競技
オリンピック
1972 ミュンヘン 男子 4×400mリレー
ヨーロッパ陸上選手権
1971 ヘルシンキ 男子 400m
1974 ローマ 男子 400m
1974 ローマ 男子 4×400mリレー
1982 アテネ 男子 4×400mリレー

デヴィッド・ジェンキンス(David Andrew Jenkins、1952年5月25日 - )は、イギリスの陸上競技選手。1972年ミュンヘンオリンピックの銀メダリストである。

来歴[編集]

ジェンキンスは、1970年代から1980年代初頭にかけて活躍した400mを中心に活躍した男子短距離選手である。スコットランドインデペンデント・スクールのエディンバラ・アカデミーで学び、在学中からスポーツに秀でていた。

1971年に、19歳の若さでヨーロッパ選手権の400mで優勝。翌年、ミュンヘンオリンピックに出場。400mでは5位に終わったものの、4×400mリレーでは、マーティン・レイノルズアラン・パスコーデビッド・ヘメリーとともに、3分00秒46でケニアに次いで銀メダルを獲得した。

1974年のヨーロッパ選手権では400mで銀メダル。4×400mリレーで金メダルを獲得。1978年のコモンウェルスゲームズでは、4×100mリレーでスコットランド代表として、金メダルを獲得している。しかし、オリンピックでは、1976年モントリオールオリンピックと1980年モスクワオリンピックの400mはともに7位という結果に終わっている。

ジェンキンスは、1980年代に、アナボリックステロイド剤の指導者として有名だったフアン・ハビエル・マックリスとダン・デュケインとともに、メキシコにアナボリックステロイドの製造会社を設立。アメリカの市場で販売を行っていた。ジェンキンスは、1988年に、アメリカの法廷で、1億ドル相当のステロイドを密売した罪で7年の刑が宣告され、カリフォルニア州モハベ砂漠の刑務所に収監される。しかし、9か月で出所。1993年からは、スポーツ選手とボディビルダー向けの健康補助食品製造会社を友人とともに設立した。

なお、ジェンキンスは、選手時代に競技能力向上のためアナボリックステロイドを使用していたことを認めている。

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1970 コモンウェルスゲームズ エジンバラ(スコットランド) 400m -(q) DNS
1971 ヨーロッパ陸上選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 400m 1位 45秒5
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 400m 5位 45秒91
1972 オリンピック ミュンヘン (西ドイツ) 4×400mリレー 2位 3分00秒5
1973 ユニバーシアード モスクワ(ソビエト連邦) 400m 3位 46秒39
1974 コモンウェルスゲームズ クライストチャーチ(ニュージーランド) 200m 7位 21秒49
1974 コモンウェルスゲームズ クライストチャーチ(ニュージーランド) 400m 4位 46秒46
1974 コモンウェルスゲームズ クライストチャーチ(ニュージーランド) 4×100mリレー 5位 39秒80
1974 ヨーロッパ陸上選手権 ローマ(イタリア) 400m 2位 45秒67
1974 ヨーロッパ陸上選手権 ローマ(イタリア) 4×400mリレー 1位 3分03秒3
1976 オリンピック モントリオール(カナダ) 400m 7位 45秒57
1976 オリンピック モントリオール(カナダ) 4×400mリレー -(sf) DNF
1978 コモンウェルスゲームズ エドモントン(カナダ) 400m 5位(sf) 47秒37
1978 コモンウェルスゲームズ エドモントン(カナダ) 4×100mリレー 1位 39秒24
1978 コモンウェルスゲームズ エドモントン(カナダ) 4×400mリレー 6位 3分07秒73
1980 オリンピック モスクワ(ソビエト連邦) 400m 7位 45秒56
1982 ヨーロッパ陸上選手権 アテネ(ギリシャ) 4×400mリレー 2位 3分00秒68
  • sfは準決勝、qは一次予選