デヴィッド・アーカンストーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デヴィッド・アーカンストーン(David Arkenstone、1952年7月1日 - )は、アメリカ合衆国ミュージシャン。主にインストルメンタルでの音楽を発表。ニューエイジ系、かつファンタジーをテーマに取り入れた作品を多数手がける。

来歴[編集]

出身地はシカゴ。10歳の時にカリフォルニア州に移り、学生バンドをいくつか経験し、大学で音楽を学ぶ傍ら、プログレッシブ・ロックのバンドを結成。その後喜多郎の音楽からの影響を受け、ソロとなりニューエイジ系の音楽を自らの作品とする。前妻ダイアンとネオ・パシフィカと言うレーベルを立ち上げた。

ヒストリー・チャンネルディスカバリー・チャンネルNBCスポーツなどテレビ番組用の音楽も作曲し、映画予告編や映画のサウンドトラックにも使用された。彼の音楽は『World of Warcraft』『Earth & Beyond』などのコンピューターゲームにも多く使われた。

グラミー賞にも1992年、2000年、2004年と3回ノミネートされている。ピアノ電子キーボード楽器ギターベースギターなどの他に、ブズーキマンドリンハープチェロフルートサズペニーホイッスルメロディカパンパイプなど様々な楽器を弾くことが出来る。ドラムパーカッションも演奏する他、ボーカルもレコーディングしている。

1995年リリースのアルバム『Quest of the Dream Warrior』収録の「The Journey Begins: Kyla's Ride」は、NHK『大相撲 幕内の全取組』ED曲として使用されている。

ドーモレコードと契約し、2010年に『Echoes of Light and Shadow』(2008年発売)を再リリースした。

ディスコグラフィー[編集]

映画『地球最終戦争ロボット・ウォーズ』(原題:ROBOT WARS)オリジナル・サウンドトラック(初版1993年、第2版1995.4.16、Moonstoneレーベル)

外部リンク[編集]