デン・アロル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of South Sudan.svg南スーダンの政治家
デン・アロル
Deng Alor
出生地 アビエイ
前職 スーダン共和国外務大臣

南スーダンの旗 南スーダン共和国第二副大統領
任期 2011年 -

任期 2007年 - 2009年
テンプレートを表示

デン・アロルアラビア語: دينق ألورDeng Alor)は、スーダンおよび南スーダン政治家2007年から2009年までスーダンの外相を務めた。

経歴・概要[編集]

スーダンと南スーダンの係争地であるアビエイ出身のディンカ族。外務担当各内相などを経て、2007年10月オマール・ハッサン・アル=バシール大統領の内閣改造に伴いラム・アコルに代わって、スーダン共和国の外務大臣に任命された。南スーダン独立に伴い、同国の第二副大統領に任命された[1]

脚注[編集]

  1. ^ "Sudan's foreign minister demoted in cabinet reshuffle", Associated Press (International Herald Tribune), October 17, 2007.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
独立
南スーダン共和国第二副大統領
2011年 -
次代:
(現職)
先代:
ラム・アコル
スーダンの外相
2007年 - 2009年
次代:
Ali Ahmad Karti