デンマーク海上帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デンマーク海上帝国(1800年)

デンマーク海上帝国(-かいじょうていこく)とは、17世紀以降、デンマーク王国が海外各地に築いた植民地支配及び交易体制を指す。この場合、ヴァイキング時代からの植民地グリーンランドアイスランドフェロー諸島など北極海の植民地は含まない事が多い。またデンマークの場合、領域支配より交易のための海上覇権が中心であったので、オランダポルトガル同様、海上帝国と言う名称が相応しい。

概要[編集]

17世紀初頭のクリスチャン4世の時代に、デンマークは本格的に植民地戦争に参入する。1616年に「デンマーク東インド会社」を設立し重商主義を推し進めて、インドへ進出した。しかしデンマークは、イングランド、オランダ、スペインなどの海軍強国の狭間では、その海軍力を誇示する事が出来ず、北欧最大の海洋国家も、大航海時代においては、覇権を得ることは不可能に近かった。とはいえ、イギリス、オランダなどの海軍強国との友好関係は、デンマークの海運帝国の維持に役立ったと言える。同時期にスウェーデンが、海上帝国の建設に失敗した事を挙げれば、西欧との友好関係が、いかに外海に閉ざされた北欧に影響を与えたかは明白である。

その後も西アフリカ沿岸、新大陸西インド諸島などの植民地化に成功する。17世紀から18世紀にかけてのデンマークは、海運の隆盛期であり、黄金時代であった。バルト海の覇権を失っても、外洋との連係を保ち続けた事が、デンマークの国力を維持させた原動力であったとも言える。18世紀末に入るとノルウェー人も海運業に参加する。ノルウェーの商船隊は、このクラスの先進国であるデンマーク、オランダを凌ぐ程となった。こうした事は、19世紀の海運立国としてのノルウェーの下地を築く事となった。

しかし、1800年ロシア帝国の誘いを受けて武装中立同盟に参加した事は、デンマークの海運帝国に斜陽の時代をもたらした。デンマークはイギリス帝国と袂を分かち、1801年1807年にイギリス艦隊の侵攻を受け、デンマーク艦隊は撃破された。その後デンマークはフランス帝国と同盟を結び、ナポレオン戦争の敗戦国となった。その結果ノルウェーを失い、デンマークの海外領土はイギリスに占領された。艦隊も没収され、海上貿易も失った。以後デンマークの海運は、以前の輝きを失い、海外植民地は1917年までにアメリカ合衆国、イギリスに売却された。

北極海における植民地[編集]

ヨーロッパ諸国にとって北極海は、世界の果てであり、古代ローマ時代からアイスランドの様な地域は、漠然とは知られていたものの、人外魔境であるとして、ヨーロッパ人の関心外に置かれていた。この様な場所に本格的に足を踏み入れたのが、ヴァイキングとして知られていた、ノルマン人ノース人)である。

ノルマン人は、10世紀から11世紀にかけて、フェロー諸島、アイスランド、グリーンランドを「発見」し、植民地化して行ったのである。その一部は、北米大陸に上陸したとされる。しかし厳寒や先住民との争いのため、北米およびグリーンランドにおける植民は失敗に終わり、ノルマン人の軌跡は近代まで埋もれる事になるのである(ノース人によるアメリカ大陸の植民地化)。 なお、こうした最初の植民を行ったのはノルウェー人であった。1262年にアイスランドはノルウェー領となったが、王家の断絶とともに1397年からは「カルマル同盟」のもと、実質的にデンマーク領となった。

グリーンランドに再び遠征隊が送られたのは、16世紀後半のデンマーク王フレゼリク2世の時である。しかしこの時は、デンマーク領と確認したのみである。グリーンランドが、デンマークの治下に置かれたのは、1721年ハンス・エーゲデによる布教以後である。この後、徐々にグリーンランドは、デンマークの植民地と化して行った。しかし統計的人口は、依然デンマーク人よりもカラーリットの方が圧倒的に多く、植民地として成功した地域はグリーンランドの沿岸部のみに留まった。本格的にデンマークの全島支配が及ぶのは、1917年以降の事となる。また1905年にノルウェーが独立すると、グリーンランド東部の領有権を主張する一幕もあった。最終的に1979年にグリーンランドは、自治領と認められ、デンマークから自立するとともに1985年にはヨーロッパ連合からも離脱した。

アイスランドは、1397年以降デンマーク領であった。しかし19世紀以降、独立の気運が高まり、1918年にデンマークとの同君連合国家アイスランド王国として独立した。1940年にデンマーク本国がドイツ軍に占領されると、アイスランドはイギリス軍の侵攻を受け、次いでアメリカ軍の管理下に置かれ、1944年に完全独立を果たした。フェロー諸島も、1948年に自治政府を樹立している。現在もデンマークの宗主下にあるのは、グリーンランドとフェロー諸島だけである。

21世紀現在、デンマークにおける海外領土は、いずれも何らかの自治を行っており、植民地と言えるような領土はないと言って良い。

関連項目[編集]