デンジル・ダグラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デンジル・ダグラス
Denzil Llewellyn Douglas
Denzil L Douglas.jpg
デンジル・ダグラス
生年月日 1953年1月14日(62歳)
出生地 セントクリストファー・ネイビスの旗セントクリストファー・ネイビス連邦セントクリストファー島セントポール村
所属政党 セントクリストファー・ネイビス労働党 (SKNLP)

内閣 ダグラス内閣
在任期間 1995年7月6日 - 2015年2月18日
元首 エリザベス2世(女王)
クレメント・アーリンデル(総督)
カスバート・セバスチャン(同)
エドマンド・ローレンス(同)
テンプレートを表示

デンジル・ルウェリン・ダグラス: Denzil Llewellyn Douglas1953年1月14日 - )は、セントクリストファー・ネイビスの政治家。元首相。セントクリストファー・ネイビス労働党所属。

経歴[編集]

セントクリストファー島北部のセントポール村に生まれ[1]、学生時代は医学を学んだ。1977年に理学士号を、1984年には医学士号を西インド諸島大学で取得した[2]。1986年に診療所を設立して開業医となり、1980年代末にセントクリストファー・ネイビス医師会の代表に就任した[1]

政治活動[編集]

1989年、ダグラスはセント・クリストファー選挙区から国会議員に選出され、セントクリストファー・ネイビス労働党の党首と野党院内総務に指名された。

ダグラスは1995年の総選挙に向けて、党内の改革と活性化を図り、その結果としてその年の総選挙で勝利した。そして連邦政府から首相に任命され、2000年3月には再任された。2004年10月の国政選挙でも、セントキッツ島選挙区の8議席のうち7議席をダグラス率いる労働党が獲得して大勝し、首相の三期目をスタートさせた。その後、2010年1月25日の総選挙でも労働党はセントキッツ島の8議席のうち6議席を獲得して勝利し、ダグラスは四期連続で首相に任命された。しかし、2015年の総選挙では、労働党は議席を3つ減らして野党となった。そのためダグラスも退任し、人民労働党のティモシー・ハリスが新たに首相となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
公職
先代:
ケネディ・シモンズ
セントクリストファー・ネイビスの首相
1995年 – 2015年
次代:
ティモシー・ハリス