デレック・ウルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デレック・ウルフ

Derek Wolfe
デンバー・ブロンコス No. 95

Derek Wolfe.JPG
ディフェンシブエンド
生年月日:1990年2月24日(24歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州リスボン
身長:6' 5" =約195.6cm 体重:285 lb =約129.3kg
NFLデビュー
2012年デンバー・ブロンコス
経歴
大学シンシナティ大学
NFLドラフト2012年 / 2巡目(全体の36番目)
 所属チーム:
通算成績
(2013年までの成績)
タックル回数     56回
QBサック     10回
インターセプト     0回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

デレック・ウルフ(Derek Wolfe 1990年2月24日- )はオハイオ州リスボン出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLデンバー・ブロンコスに所属している。ポジションはディフェンシブエンド

経歴[編集]

地元のオハイオ州リスボンの高校からシンシナティ大学へ進学した。2008年から2011年までの4年間で162タックル(37ロスタックル)、19.5サックをあげた。大学4年次の2011年にはラトガーズ大学カシーム・グリーンとともにビッグ・イースト・カンファレンスの最優秀守備選手に選ばれた[1]

2012年のNFLドラフト2巡でデンバー・ブロンコスに指名された[2]。8月9日のプレシーズンゲーム第1週、シカゴ・ベアーズ戦で2サックをあげた[3]。1年目の2012年、40タックル及びボン・ミラーエルビス・デューマービルに続くチーム3位の6サックをあげた。

2013年8月17日のシアトル・シーホークスとのプレシーズンゲームで頭部を強打して起き上がれなくなり、救急車で運ばれた[4]。第13週のカンザスシティ・チーフス戦へ向けてデンバー国際空港へ移動中のバスの中で具合が悪くなり、遠征への同行を取りやめた[5]。その後12月2日に病院から退院した[6]AFCチャンピオンシップゲーム前の1月14日に故障者リスト入りしてシーズンを終えた[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Mark Ennis (2011年12月8日). “Isaiah Pead, Derek Wolfe, Khaseem Greene, Tavon Austin Named Big East Players Of The Year”. bigeastcoastbias.com. 2013年12月23日閲覧。
  2. ^ Lindsay H. Jones (2012年4月29日). “Derek Wolfe, Broncos' top draft pick, reaches his NFL dream”. デンバー・ポスト. 2013年12月23日閲覧。
  3. ^ プレシーズン第1週で起きた良い出来事”. NFL JAPAN (2012年8月14日). 2013年12月23日閲覧。
  4. ^ ブロンコスのDEデレック・ウォルフ、救急車で試合退場”. アメフトNewsJapan (2013年8月18日). 2013年12月23日閲覧。
  5. ^ ブロンコス、DEウォルフが病気によりチーフス戦欠場確定”. アメフトNewsJapan (2013年11月30日). 2013年12月23日閲覧。
  6. ^ Derek Wolfe out of hospital”. ESPN (2013年12月2日). 2013年12月23日閲覧。
  7. ^ DE Derek Wolfe placed on IR” (2014年1月14日). 2014年2月2日閲覧。

外部リンク[編集]