デレク・ベイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デレク・ベイリー
デレク・ベイリー(1991)
デレク・ベイリー(1991)
基本情報
出生 1930年1月29日
出身地 イギリスの旗 イギリスシェフィールド
死没 2005年12月25日(満75歳没)
ジャンル フリー・ジャズ、アヴァンギャルド・ジャズ
担当楽器 ギター

デレク・ベイリー (Derek Bailey)(1930年1月29日 - 2005年12月25日[1]) はイギリスサウス・ヨークシャーシェフィールド出身のギター奏者、インプロヴァイザー(即興演奏者)。

来歴[編集]

11歳よりギターを始め、1950年代には地元シェフィールドでプロのギタリストとして活動する[1]。1960年代初頭、ギャヴィン・ブライアーズやトニー・オックスレイと共に「ジョセフ・ホルブルック」というトリオで活動[2]1966年にロンドンに移り、その後エヴァン・パーカー英語版等のフリー・フォーム系の奏者と共演し、また、ジョン・スティーヴンスの率いるSpontaneous Music Ensembleのレギュラー・メンバーとなる[1]1970年、エヴァン・パーカーやトニー・オックスレイと共に「Incus」というレコードレーベルを立ち上げる[2]

1976年にはカンパニーを結成。このグループはメンバーが流動的で、アンソニー・ブラクストン英語版、ハン・ベニック、スティーヴ・レイシーを含む多くのミュージシャンが出入りした[2]

1994年9月、日本のルインズと共にレコーディングを行い、この時の音源はデレク&ザ・ルインズ名義のアルバム『Saisoro』(1995年)として発表された[3]。また、1997年4月にもルインズと共演し、アルバム『Tohjinbo』(1998年)として発表される[4]

ディスコグラフィー[編集]

  • Karyobin (with the SME, Island records, 1968)
  • The Topography of the Lungs (with Han Bennink and Evan Parker, Incus, 1970 (nb, this was the first release on the Incus record label))
  • The Music Improvisation Company, 1968 - 1971 (with the Music Improvisation Company, Incus, 1971)
  • The London Concert (with Evan Parker, Incus, 1971)
  • Solo Guitar Volume 1 (Incus, recorded 1971, reissued 1992)
  • Solo Guitar Volume 2 (Incus, 1972)
  • First Duo Concert with Anthony Braxton (Emanem, 1974, reissued on CD in 1996)
  • Lot 74 - Solo Improvisations (Incus, 1974)
  • Improvisation (Cramps Records, 1975)
  • Jesus' Blood Never Failed Me Yet/The Sinking of the Titanic (with Gavin Bryars ,Obscure Records, 1975)

脚注[編集]