デルロイ・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デルロイ・ウィルソン
基本情報
出生 1948年10月5日
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ
死没 1995年3月6日
ジャンル スカ
ロックステディ
レゲエ
職業 歌手
レーベル スタジオ・ワン

デルロイ・ウィルソン(Delroy Wilson, 1948年10月5日 - 1995年3月6日)は、ジャマイカスカロックステディレゲエのシンガー。

因みに1958年~1964年にジョー・ヒッグスと共に「ヒッグス&ウィルソン」として活躍したロイ・ウィルソンとは全くの別人である。

経歴[編集]

1961年、13歳のときにスタジオ・ワンからの"Emy Lou"でデビュー。60年代後半のロックステディ期には同レーベルを中心に"Rain from skies"や"Conquer me"、"Come home"、"Dancing mood"などの代表曲を残した。

1972年には"Better must come"がマイケル・マンリー人民国家党の選挙キャンペーンソングに選ばれた。

1995年3月6日、ジャマイカ、キングストン西インド諸島大学病院にて肝硬変で死去。46歳。