デルナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Derna
درنة
—  Town  —
Dernaの位置
Derna
Location in Libya
座標: 北緯32度46分 東経22度38分 / 北緯32.767度 東経22.633度 / 32.767; 22.633
リビアの旗 リビア
地域 キレナイカ
デルナ県
人口 (2011)[1]
 - 計 80,000人
等時帯 UTC+2

デルナ(Derna)、またはダルナは、リビアの都市。人口80000人。リビア東部に位置し、地中海に面する港町でデルナ県の県都である。デルナは緑の山を背後に抱え、地中海砂漠に挟まれたリビアのなかでもユニークな環境を持っている。

地理[編集]

デルナはリビアでも雨の多い地域であるジュベル・アフダル山地の東端に位置し、肥沃な土地と豊かな森林に囲まれている。気候は快適であるが、冬には気温は4度から14度となり、まれに気温が零度以下となることもある。そのため、や時折が冬には降る。デルナは地中海を一望できる緑の山地およびワジや滝でもリビア国内で知られている。

歴史[編集]

デルナの古い市場

デルナの歴史は古く、ヘレニズム時代にはすでにキレナイカの五都市(ペンタポリス)地区の中のひとつとなっていた[2]なお、ペンタポリスの5つの都市とは西からアポロニア、キレネ、プトレマイス、バルス(現在のマルジュ)、トクラを指し、デルナはその中には入っていない[3]。当時はDarnisまたはDarneと呼ばれていた[4]。ローマ帝国時代にはDarnisまたはDernaと呼ばれるようになった。

ローマ帝国時代にはキレナイカの宗教中心地となっていた。その後イスラム化され、1493年にはナスル朝の滅亡によってアンダルシアから流れ出たイスラム難民を受けいれている。オスマン帝国の支配下に入ると、デルナはトリポリの管轄下に入り、トリポリにカラマンリー朝が成立するとその支配下にはいった。1772年にはデルナで最も古いモスクであるAl-masjeed al-ateeqがマフムード・カラマンリーの手によって立てられている。1800年には、フランスの提督がナポレオン・ボナパルトエジプト遠征を支援するためデルナに上陸しようとしたが、地元の守備隊に撃退された.[5][6]

デルナの街を攻撃するアメリカ海兵隊

1805年にはアメリカ合衆国とカラマンリー朝の間に第一次バーバリ戦争が起き、エジプトアレキサンドリアから西進してきウィリアム・イートンプレスリー・オバノン率いるアメリカ海兵隊とカラマンリー朝が激突し、ダーネの戦いがおきた。この戦いでアメリカが勝利して、デルナは一時アメリカに占領された。カラマンリー朝滅亡後、1835年にはベンガジのサンジャクの支配下に入り、イスタンブールのオスマン政府の統制を受けることとなった[7]。 1875年にはキレナイカvilayetの一部となった[8]1850年代には4500人がデルナに住み,[9]、農業、漁業、沿岸交易によって生計を立てていた[10]。その後、イタリアの植民地となった。

第二次世界大戦において、デルナは北アフリカ戦線の舞台となった。1941年1月30日に、オーストラリア軍イタリア軍からデルナを奪取した。1941年4月6日に、ドイツ軍がデルナを再占領したものの、1942年11月15日に、イギリス軍はデルナを取り戻した。

2011年2月18日2011年リビア内戦のごく初期にデルナは反カダフィ派の支配下に入り[11][12]、内戦終結まで一度も奪回されず、反カダフィ派の拠点となっていた。

その他[編集]

デルナには3つの広場がある。もっとも人気のある広場はMaydan Assahabahであり、ここはカダフィ政権に対する抗議デモにも使用された。デルナの旧市街はオスマン時代の建築やモスクシナゴーグ、教会、古いスークが立ち並び、観光客が訪れる。デルナにはDarnis, Al Afriqi, Al Shallal, Nusoor Martoubaの4つのサッカークラブがある。最も人気があるのはDarnisで、次いで人気がありライバルとなっているのがAl Afriqiである。

脚注[編集]

  1. ^ Der Spiegel, 2011 Aug 23
  2. ^ Ammianus Marcellinus, (XXII, 16, 4)
  3. ^ 「リビアを知るための60章」 p31 塩尻和子 明石書店 2006年8月15日
  4. ^ Ptolemy (IV, 4, 2; 5; 6)
  5. ^ Mackesy, Piers (1995) British victory in Egypt, 1801: the end of Napoleon's conquest Routledge, London, page 162, ISBN 0-415-04064-7
  6. ^ Strathern, Paul (2008) Napoleon in Egypt Bantam Books, New York, page 418, ISBN 978-0-553-80678-6
  7. ^ Vailhé, S. (1913) "Tripoli, Prefecture Apostolic of" Catholic Encyclopedia volume 15, page 59
  8. ^ Hayes, Carlton Joseph Huntley (1919) A political and social history of modern Europe, Volume 1 Macmillan, New York, page 514, OCLC 19118611
  9. ^ Hamilton, James (1856) Wanderings in North Africa J. Murray, London, page 117, OCLC 5659586
  10. ^ “Darnis”. Catholic Encyclopedia. New York: Robert Appleton Company. (1913). http://www.newadvent.org/cathen/04635d.htm. 
  11. ^ http://english.aljazeera.net/news/africa/2011/02/20112235434767487.html
  12. ^ http://www.alarabiya.net/articles/2011/02/23/138957.html

関連項目[編集]