デルタ航空機爆破テロ未遂事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デルタ航空機爆破テロ未遂事件(デルタこうくうきばくはテロみすいじけん)は2009年12月25日にアメリカ合衆国で起きた、デルタ航空機を使ったテロを乗り合わせていた乗客が未然に防いだ事件である。ちょうどアメリカではクリスマスだったため「クリスマスの攻撃」と称される。なお、当該機はデルタ航空が経営統合した、子会社であるノースウエスト航空の機材・便名による運行であったためノースウェスト航空機爆破未遂事件などとも呼ばれる。

容疑者[編集]

容疑者はナイジェリア国籍のウマル・ファルーク・アブドゥルムタッラブアルカーイダの意図を受け本格的なテロ行為に走ったとされる。76グラムを超える爆発物のペンスリットを下着に隠して機内に持ち込むことに成功したが、機内で取り押さえられ爆破は未遂に終わった。2012年2月16日、デトロイトの連邦地方裁判所は、ウマルによる殺人未遂大量破壊兵器の使用未遂など8つの起訴に対し終身刑4つと禁錮50年の刑を言い渡している[1]

事前の警告[編集]

容疑者の父親が事前に政府当局に警告をしていたことがわかっている。容疑者は現金で航空券を購入し、手荷物がないという不自然な行動であったにもかかわらず空港側はなんの対策も取っていなかった。これに関してはジャネット・ナポリターノ国土安全保障長官も非を認めている。

余波[編集]

アメリカは、アメリカ同時多発テロ事件を契機に搭乗者のチェックを厳重に行っていたが、この未遂事件でやすやすと突破されたため、検査対象人物を選別、爆発物検知の充実、最新の画像処理技術(ミリ波パッシブ撮像装置等)の仕様などが追加され、より厳重さが増すこととなった[2]

アラビア半島のアルカーイダは、2010年1月、爆破未遂事件で犯行を認める声明を発表。これに対し、アメリカは同勢力について、実行犯の訓練を行ったとして非難した。同月1月12日、イエメンの治安当局はアラビア半島のアルカーイダ掃討作戦の一環として同組織の拠点を襲撃、1人を殺害、4人の身柄を拘束した[3]

出典[編集]

  1. ^ NW航空機爆破未遂事件、ナイジェリア人被告に終身刑(AFP.BB.NEWS 2012年2月17日)2012年2月18日閲覧
  2. ^ 米、到着便の搭乗客の検査体制を強化 リアルタイムの情報も活用(AFP.BB.News 2010年4月3日)2012年2月18日閲覧
  3. ^ イエメン東部でアルカイダ系武装勢力幹部を殺害、NW機爆破未遂事件(AFP.BB.News 2010年1月14日)2012年2月18日閲覧

関連項目[編集]