デリック・クック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デリック・クック(Deryck Cooke, 1919年9月14日 - 1976年10月27日)は、イギリス音楽学者ワーグナーブルックナーマーラーの専門家。

レスター出身。ケンブリッジ大学を卒業後に、BBCの音楽部門に勤務した(1947年 - 1959年1965年 - 1976年)。

マーラーの《交響曲 第10番》の未完成の自筆譜から、数度にわたって実用版を作成した。アルマ・マーラーの承認を得られた第2版は、1964年8月13日ベルトルト・ゴルトシュミット指揮ロンドン交響楽団によって初演された。

その他に、ゲオルク・ショルティ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の録音による《ニーベルングの指環》全集の附録(ライトモティーフ集)において、監修者を勤めたことでも有名。

クロイドンにて脳出血のため他界。